2018年 9月 の投稿一覧

ワキの美しさのためにも脱毛を

ワキの美しさのためにも脱毛を

憂鬱な梅雨が終わると待ちに待ったバケーションの季節。ただ夏たけなわともなると、最近はとんでもない暑さです。
ノースリーブじゃないと過ごせないという女性も多いでしょう。

ただ、その時に気をつけなければならないのがワキに生えたムダ毛——。

キチンと処理しておかないと、他人に見られて「だらしない」と思われがちです。

ただ、自己処理というのは面倒なもの。カミソリで剃っている場合、少しでもサボるとブツブツが目立ってきますし、毛抜だと抜く時に痛いため、処理自体が億劫になります。

「サロンで思い切って脱毛しようか……」

ふとそんな風に考える女性も多いかもしれません。でも脱毛初心者の場合、サロンに行くのは結構ハードルが高いものです。

「施術って一体何回かかるの?」
「痛みがあるらしいけど……」
「総額はいくらなんだろ?」

これらの疑問を抱えたまま、結局、サロンへ行かずに自己処理を続けている、という女性が多いようです。

そこでそれらの人の参考に供するため、ワキ脱毛の値段や期間、どのサロンを選ぶべきか等、詳しく紹介してみることにしました。

これらの情報が、ワキ毛でお悩み中の女性の一助になれば、と思います。

「脱毛」とはどういうものか

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、そもそも「脱毛」とはどういうものかを説明してみます。

実はサロンやクリニックでの施術においてターゲットとなるのは、皮膚の表面に伸びているムダ毛ではありません。

ではどこなのか、というと、皮膚の奥に潜んでいる毛根部分なのです。

勘違いしている人もいますが、毛根をターゲットとするといっても、一本一本の毛根を手作業で処置するわけではありません。
確かに以前はその方法を取っていましたが、今ではもっと効率の良さが図られ、特殊な光を照射することで毛根にアプローチするようになっています。

その際に用いられるIPLやレーザーといった光は、肌を素通りし、黒いメラニン色素だけに反応する特質を持っています。ムダ毛のある肌に照射すると、毛根部分で熱エネルギーに変化。毛乳頭、毛母細胞といった発毛に欠かせない組織に大きな損傷を与えます。

脱毛というのは大昔から行われていたのですが、この方法は脱毛の概念を変える画期的なものでした。おかげで脱毛は手軽に受けられるものとなり、最近は脱毛人口も増加。VIOといった部位をまとめて処置してもらう人も少なくありません。

ワキ脱毛はそれらの部位の中でも最も人気があり、脱毛初心者がまず施術してもらうところだと言われています。

やはり、夏になると露出の機会が増えますから、「ムダ毛処理をするならまずワキ」と考える女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集まっているために汚れが他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)も生じやすくなっています。

良い状態をキープするためにも、刺激の強い自己処理は止め、早くワキ毛を脱毛してもらうべきです。

サロンでのワキ脱毛——その施術の回数、料金、痛みについて

上で述べたように、ムダ毛処理だけでなく、ワキ脱毛には肌をキレイにするメリットがあります。

それを聞いて「すぐに脱毛してもらいたい」という方もいるかもしれません。

ただ、サロンに実際に通うとなると、以下のような点が気にかかってくるでしょう——

・脱毛完了までに施術はどれくらい必要か?
・値段は最終的にどれぐらいかかるのか?
・施術時の痛みはどの程度か?

これらの疑問点について、お答えしていきます。

まず施術回数に関してですが、実はサロンでの脱毛というのは1度や2度の施術では終わりません。ムダ毛を完璧に処理するには、思った以上に長い期間が必要です。

特にワキは、太いムダ毛が集中的に生えているだけに厄介な部位。さらに他の部位よりも毛根部分が皮膚の深いところにあり、どうしても施術回数が多くなります。

体質、あるいは毛質によって違いが大きいのですが、完了までの施術回数は12回から18回、というのが普通です。

次に脱毛の料金。これはサロンによって差があり、たとえば古くからの顧客を抱えた高級サロンの中にはビックリするような料金をとるところもあります。

ただ、最近の人気店に関しては値段は安めで、初心者でも行きやすくなっています。

「その中でも特にリーズナブルな店は?」と思ってネットで調べてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは全国に支店を持つ人気サロン「ミュゼ」です。

なぜおすすめかというと、「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」というプランが他に類をみない安さだからです。

何しろ料金はたったの100円。これは1,000円の間違いではなく、本当に缶ジュース並みの値段です。

この価格で脱毛をしてくれるところは他にはありえない、と言い切っていいでしょう。
高い料金が怖くて脱毛に手が出ない、という人にはピッタリです。

さらに、ミュゼのメリットは料金だけではありません。

実は、サロンでの施術というのは高熱によって毛根にダメージを与えるため、その熱によって多少の痛みを伴います。

ミュゼの場合、その痛みが軽減されるように工夫を凝らしているのです。

具体的にいうと、ミュゼは他店と違ってIPL方式の脱毛機ではなく、SSC方式という新しい機器を導入しています。

IPL方式の場合、キセノンランプでインテンスパルスライトを照射します。一方、SSC方式では、肌に当てるのはクリプトンライトと呼ばれるもの。

キセノンランプは光自体に脱毛効果があるのですが、クリプトンライトは光線だけでは脱毛できません。

ではどうやって脱毛効果をあげるのかというと、専用のジェルを照射前にムダ毛に塗ります。

ここにクリプトンライトを当てることで毛根にダメージが与え、ムダ毛が生えないようにするのです。

SSC方式の最大の特徴は、ジェルとの組み合わせで効果を得る、という点。おかげで光そのもののパワーは弱くなり、痛みも軽減されます。

「施術が痛いので脱毛は嫌だ」という人もいるようですが、ミュゼの方式なら問題はありません。

ワキ脱毛を成功させるために

「ワキ脱毛ならミュゼがおすすめ」と述べましたが、地域によっては近くに支店がないこともあるでしょう。
そんな時は、他のサロンを選ぶ必要があります。

ただ、脱毛ブームということもあってサロンの数は膨大。初心者は目移りしてしまい、どこを選べばいいのか判断が難しくなっています。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべき点をいくつかあげてみます。

施術可能回数が10回に満たないサロンは避ける

上述したように、1、2回施術しただけでは、脱毛の効果はほとんど実感できません。
確かに施術後10日から1ヶ月ほどでワキは無毛の状態になりますが、時間が経過すると再び新しい毛が生えてきてしまいます。

しかもワキのようにムダ毛が集中的に生えていると、12回から18回ほどの施術がどうしても必要となります(期間も3年かかります)。

ですから「料金が安いから」という理由で施術回数が極端に少ないプランを選んでしまうと、結局は契約回数内で脱毛が完了せず、追加施術をすることで高い料金が必要になる、というケースもあり得ます。

最終的にリーズナブルに脱毛するためには、あまりに安すぎるプランは無視し、何度でも施術が可能なコースを選びましょう。

返金制度や施術期限に気をつける

ワキのムダ毛を完全に処理するには、最低でも3年間サロンに通い続ける必要があります。

しかしサロンと一旦契約しても、「スタッフの態度が気に入らない」「脱毛効果に不満がある」といった理由から、契約を中途で解約することもあると思います。

解約するとなったら、もちろん店側はいい顔はしません。契約の細かい条項を持ち出し、なるべく返金額を少なくしようとするサロンが多いようです。

ただサロンによっては、1年以内ならば全額返金、という良心的なところもあります。

後で不快な思いをしないためにも、中途で契約を破棄する可能性のある人は、予めその条件をスタッフに訊ねておきましょう。

またサロンの中には施術期間にリミットがあり、何年か経つと施術ができなくなるところもあります。お金を払った上に施術を受けられないとなると泣くに泣けません。その点もキチンと調べておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛の完了には長期間かかる」ということを考慮し、回数や施術期間に余裕のあるプランを選びましょう。

施術後のケアを行ってくれるかどうか

夏場のワキは人目にさらされる部位だけに、なるべく見栄えをよくしたいものです。ムダ毛の処理はもちろん、色素沈着などの症状も改善しておくことが大事。

コンディションを良くするには、何と言っても肌の潤いを保つことが欠かせません。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした店なら、脱毛だけでなく美肌効果も期待できるので、一石二鳥。

施術後の肌は内部に熱を持つため、表面がどうしても乾きがちです。

肌トラブルを起こさないためにも、保湿サービスのしっかりしたサロンを選んだほうがいいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックの違いって?

ワキ脱毛が可能なのは脱毛サロンだけではありません。料金は割高になりますが、医療クリニックでも脱毛はできます。

ではサロンと医療クリニックでは、どのような施術の違いがあるのでしょうか?

現在、サロンで施術方法の主流となっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれるもの。そしてクリニックの方では、レーザー脱毛がメインになっています。

「特殊な光を肌に当て、メラニン色素を含有する毛根に損傷を与える」という点で、脱毛の原理自体は2つとも変わらないといっていいでしょう。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分にダメージを与える威力です。

レーザーの威力は強烈で、毛根の組織は徹底的といっていいほど破壊されてしまいます。
そのため、ムダ毛が今後全く生えてこない「永久脱毛」も可能になっています。

また、サロンのフラッシュ脱毛の場合は脱毛完了まで10回以上かかるのですが、レーザー脱毛だと数回くらいで終わってしまいます。

もし「なるべく完了までの期間を短くしたい」と考えているなら、医療クリニックでの施術を選んだ方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は驚くほど安いのか?

ワキ脱毛の料金は、他の部位と比べてはるかに安価です。
気軽に施術できるため、最初の脱毛にワキを選ぶ初心者も多くなっています。

では、なぜワキ脱毛の料金は安いのでしょう?

まず考えられる理由としては「元々ワキが狭い部位だ」ということ。

サロンでは面積によって料金が決定されることが多く、その点でワキは安価な部位というわけです。

次に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

女性はまずワキを脱毛したがるので、「その料金を抑えることで、多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは初心者にとって最適。サロンの技術も分かるので、脱毛するならまずワキを選びましょう。

脱毛完了後、効果に満足できない場合は?

3年経って、ワキ脱毛がようやく完了。ところがその結果に不満が——。

そんな時は施術をそのまま続けることも可能ですが、そうなると追加料金が発生し、さらに出費がかさみます。

そんな事態を避けるためには、最初の契約で12回以上のプランにするのが無難です。

また、改めて他店と契約するという手もあります。しかし再びカウンセリングなどの手続きが必要で、時間と手間がムダです。

とにかく施術回数と期間に余裕を持つことが肝要。そのためにもなるべく施術回数の多いプランを選びましょう。

脱毛するとワキの汗が増えてしまう?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、ひとつ説明しておきます。

ネットでワキ脱毛のことを調べていると「脱毛をしてからワキ汗の量が増えた」という口コミを目にすることがあります。

これは本当なのでしょうか?

答えを先に書きましょう。単なるデマです。

ただ、「ワキの汗がひどくなった」と感じている人は確かに多いようです。

調べてみるとその原因は

「今まで汗をせき止めていたワキ毛がなくなることで、肌で汗を直接感じる機会が増えるから」——

つまり単に感覚の問題で、汗の量は脱毛前と同じです。

しばらくすると汗が流れる感触にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

色々な観点からワキ脱毛の詳細やサロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひ以上の情報を参考にしながら、自分の体質に合ったサロンを見つけて下さい。

脱毛の施術を終えればワキへの視線が気にならなくなり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

「脱毛」と「除毛」

「脱毛」と「除毛」

「脱毛」と「除毛」ってどう違うの?

ムダ毛処理に関して、よく「脱毛」という言葉が使われたり、「除毛」という言葉が用いられたりします。

その時々の気分や状況によって適当に口にされる場合が多いのですが、厳密には全く異なる意味だということを知っていましたか?

まず脱毛の方ですが、これは毛根部分から毛を取り去ること。つまり、毛抜きで毛を自己処理したり、サロンや医療クリニックで施術を受けるのが「脱毛」です。

そして除毛の方は、肌の表面に延びている毛を処理すること。ヒゲをカミソリで剃ったり、ムダ毛をクリームで溶かしたり、足などの産毛をシェービングするのはこちらに該当するわけです。

ムダ毛用のクリームを「脱毛クリーム」と呼ぶ場合がありますが、これは厳密にいうと間違っています。
あくまで肌の表面にある毛を液剤によって溶かすだけですから、「除毛クリーム」と呼ぶのが正解です。

「脱毛」と「除毛」では、どちらがおすすめ?

「脱毛」は毛根部分から毛を処理すること、そして「除毛」は肌の表面に出た毛を取り除くことです。

では、ムダ毛処理には一体どちらがおすすめなのでしょうか?

答えを先にいってしまうと、「脱毛」の方です。

除毛に用いられる器具は、カミソリ、除毛クリームといったものですが、これらは手軽に使えるとはいえ、肌にどうしても大きな刺激を与えます。

一方脱毛だと、専門のサロンやクリニックで施術してもらえばその後の自己処理が不要になるため、肌の状態がそれだけ改善されます。

確かに費用と日数はかかりますが、肌の美容を考慮するなら脱毛の方がおすすめです。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

痔になると脱毛はできないの?

脱毛はできない女性

痔になるとOラインの脱毛はできないの?

昔はサロンや医療クリニックでの脱毛というと、露出の多いワキ、手、足がほとんどでしたが、最近、流行になっているのがVIO脱毛。

「VIO脱毛って何?」と思われる人も多いでしょうが、要するにアンダーヘアの脱毛のことです。

VIOというのはアンダーヘアを3つの部位に分けたもので、Vは「ビキニライン」、Iは「小陰唇・大陰唇の周辺」、Oは「肛門の周辺」を指します。

実は、普段からデリケートゾーンは布でおおわれているために蒸れやすく、衛生状態は必ずしもいいとはいえません。アンダーヘアを脱毛すればその蒸れも軽減されるため、清潔さもキープしやすくなります。それに加え、露出度の高い水着を気軽に着られるのもメリットのひとつ。

サロンで体験脱毛を受けた後、その場でVIO脱毛の契約をする人も多いようですが、グーグルでVIO脱毛を検索してみると、「痔のせいで、Oラインの施術ができないといわれた」という体験談がヒットしました。

本当のことなのかと思って調べてみると、どうやら事実のようです。

痔というのは特殊なものではなく、日本人の場合、3人に1人が痔持ちだそうです。
つい甘く見がちですが、出血を起こす場合も多く、立派な病気です。

サロンでの脱毛の施術に用いられるのは、IPL(インテンスパルスライト)脱毛が一般的です。これは毛根のメラニン色素に働きかけ、発毛機能を弱らせて脱毛効果をあげます。

この時、毛乳頭などが高熱に包まれるため、それに接した毛穴やその周辺の皮膚がどうしても軽いやけど症状におちいります。

炎症状態にある痔の近くでそのようなやけどが起こると、当然悪い影響を及ぼすことになります。処置を間違えると症状の悪化につながりかねません。

痔の症状がある人はOラインの施術ができない、というのも、その点で当然のことなのです。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛後に起こりがちな蕁麻疹

起こりがちな肌トラブル

脱毛後に起こりがちな肌トラブルとは?

以前の針を使ったニードル脱毛ほどではありませんが、現在でも脱毛の施術というのはどうしても痛みがともないます。
それはなぜでしょうか?

ほとんどの脱毛サロンで採用されているIPL(インテンスパルスライト)脱毛、それに医療クリニックで用いられるアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザー脱毛は、どちらも同じ原理で発毛を阻害します。

黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光を肌に照射。
毛根部分で熱エネルギーに変わることによって毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛が生えてくるのを防ぐわけです。

その時毛根は高熱に包まれますが、どうしても毛穴やその周辺の皮膚が軽微なやけど状態を呈してしまいます。痛みがあるのはそのためです。

またしばらく毛穴に熱がこもってしまうため、肌は保持していた水分を失って乾燥します。そうするとバリア機能が失われ、肌トラブルが多くなります。

よくあるのが肌の赤みが取れず、かゆみが生じるというもの。

この症状は普通1週間ほどで治まりますが、施術直後に風呂に入ったり、激しい運動で汗が流れたりすると毛穴に菌が入り込み、ジンマシンや毛嚢炎(もうのうえん)を発症することもあるので気をつける必要があります。施術後はくれぐれも肌のケアを怠らないことが肝心です。

最近では、毛根全体ではなくバルジという部位だけに損傷を与える「SHR脱毛」「ハイパースキンカレン脱毛」などの新しい脱毛機が登場し、以前よりも利用する人が多くなっています。これらの機器なら高熱が発生しないので、痛みはほとんどありません。

もし痛み、赤み、かゆみなどを避けたいのでしたら、IPLやレーザーによる脱毛はやめて、ハイパースキンカレン脱毛器やSHR脱毛器を備えているサロンを選ぶべきです。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛する中学生が多くなっている?

脱毛する中学生

脱毛する中学生が多くなっている?

小学校高学年から中学生頃はいわゆる思春期。男女とも、一生のうちで最も体と心が変化する時期にあたります。

身長、体のラインと並んで、見た目で1番変化が分かるのが毛の生育でしょう。陰毛、脇毛が生え始めるのはもちろん、腕や足の毛も濃く太くなり、段々と大人の兆候を示していきます。

ただ、恋愛への憧れが一段と高まり、自分のルックスを特別意識する時期だけに、これらの毛が本人にとって悩みの種となる場合もあります。

特に成長が著しい子は毛について異性や友達にからかわれることもあり、それがずっとコンプレックスとなってしまうケースが多いようです。

実はそのコンプレックス解消のため、現在脱毛サロンで施術を受ける中学生が増えています。

「中学生が脱毛?」と驚く人も多いかも知れません。ただ、最近はサロン通いをする若い母親が多いため、自然にその娘さんも「サロンで脱毛したい」と思ってしまうようです。

店にもよるのですが、ミュゼプラチナ、エピレ、ビー・エスコート、RINRINといったサロンでは、中学生でも脱毛の施術をすることができます。

もちろん契約にあたっては必ず親権者の同意・同伴が不可欠なのですが、ミュゼプラチナやKIREIMOといった店はなんと同意書のみでオーケー。ビー・エスコート、レイビスでは、初回のみ親が同伴すれば後は一人でも施術可能、としています。

こうして施術のハードルが下がっていますので、中学生の脱毛サロンの利用率はさらに高くなっていくかもしれません。

確かに脱毛の料金は安いとはいえませんし、経済的な余裕があっても「中学生には早すぎる」というので、サロン通いを許可しない親御さんも多いと思います。

ただそれでお子さんがコンプレックスから解放されるのなら、必ずしもぜいたくとはいえません。考慮してみるのもいいのではないでしょうか?

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロン c3

価格の安い脱毛

価格の安い脱毛サロン・シースリーとは?

最近は脱毛ブーム。脱毛人口が増えるに従って、サロンの数も急増しています。
色々な特徴を持つ店がしのぎを削っていますが、特に注目を集めているのがシースリー。

シースリーの第一の特徴は、何といっても値段がリーズナブルなこと。

料金プランは以下の3つ——

・月額制
・回数制
・プレミアム脱毛コース

このうち、最初の月額制の料金はたったの5,800円です。

脱毛サロンというと、月額1万円前後くらいが一般的。その約半額の5,800円というのは、驚くべき安さです。

しかもこの月額制プランは、「永久メンテナンス無制限脱毛し放題コース」と名づけられており、回数無制限で施術してもらえます。

回数無制限とはどういうことかというと、費用を全額支払いさせすれば、脱毛のメンテナンスを一生涯受けることができるのです。もちろん追加料金は一切かかりません。

実は医療クリニックと違い、サロンでの施術というのは永久脱毛が許されていません。脱毛するといってもその効果は限定されていて、「減毛」あるいは「抑毛」といった方が正確です。ですから施術から2年から5年経過すると、またムダ毛が生えてきてしまいます。

サロンで脱毛を完了したとしても、その状態を維持したいなら施術のために再び通い続ける必要があり、他の店ではその度に追加料金がかかってしまいます。

ところがシースリーは別です。「脱毛品質保証書」という証明書を発行してくれるため、支払いが終わった後もそれを見せるだけで無料で施術が可能。これならクリニックの永久脱毛と同じで、ずっとムダ毛で悩むことはなくなります。

リーズナブルな価格で脱毛をしたい人は、ぜひシースリーの公式サイトをのぞいてみて下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の施術って痛いの?

変なイメージを持っている人

脱毛の施術って痛いの?

脱毛に対して「すごく痛い」というイメージを持っている人がまだまだいるようです。実際、美容関係のサイトでも「脱毛の施術は痛いんでしょうか?」という質問をしばしば見かけます。

おそらく、脱毛の施術が痛いというイメージがあるのは、20年以上前に主流だった「ニードル脱毛」という脱毛法のせいでしょう。

これはプローブと呼ばれる針を毛穴に突き刺し、そこに電気を流すことで毛乳頭や毛母細胞の組織を破壊するというもの。

注射嫌いの人なら想像するだけで顔をしかめるような方法ですが、実際に痛みが激しいといわれています。その上施術に時間がかかるため、現在は一部のクリニックでしか行なわれていません。

ただ、脱毛効果は抜群で、徹底的に脱毛したいという人にはいまだに人気があります。

おそらく、実際にプローブで施術してもらった人が「脱毛ってすごく痛い」と人に話すことによって、その噂が広がっていったのでしょう。

現在医療クリニックで主流となっているのは、レーザーを使った脱毛です。

肌に直接照射すると、ムダ毛の毛根部分に含まれるメラニン色素にレーザー光が反応。熱エネルギーに変わります。後はニードル脱毛と同じで、そのエネルギーが毛乳頭などに大きな損傷を与え、発毛を阻害します。

この方法はプローブを使うよりはマシですが、熱によって組織を破壊するため、やはり痛みは多少ともないます。

では痛みのない脱毛方法はないのかというと、実はあります。クリニックではなく、サロンでの施術になりますが、SHR(スーパーヘアリムーバル)式の脱毛機がおすすめ。

これなら脱毛効果は低いですが、施術中の痛みはほぼありません。痛みに弱い人でも安心して脱毛が可能です。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

時間制で施術可能な脱毛

脱毛のための努力

時間制で施術可能なパレスクリニックについて

脱毛のために医療クリニックに通うのはいいのですが、気になるのはその費用です。

サロンでは毎月のようにキャンペーンを実施して大幅なディスカウントをしてくれますが、クリニックは医療機関ということもあって極端な値下げはしません。サロンと比べるとどうしてもその費用は高くなってしまいます。

そんな中、施術料金に時間制を採用したパレスクリニックが話題を集めています。

時間制というのは、文字通り、施術に要する時間によって費用が決まるというシステム。例えば弁護士への法律相談などはこの時間制が普通ですが、脱毛クリニックでこの制度を取っているところはめったにありません。

その料金形態ですが——

30分……6,000円/8,000円
1時間……12,000円/16,000円
1.5時間……17,000円/23,000円
2時間……23,000円/31,000円
2.5時間……28,000円/38,000円
3時間……35,000円/47,000円

となっています。

同じ時間で費用が2種類に分かれているのは、脱毛に使用される機器が違うためです。

値段の安い方で使われているのは、ルミナス社のLight Sheerダイオードレーザー。ダイオードレーザーは医療レーザーの中で最もポピュラーなもののひとつです。冷却装置や吸引機能などに工夫が凝らされていて、他のレーザーよりも痛みが少ないのが特徴。

そしてもうひとつの機器は、パレスクリニックが独自に開発したというパレスジェントルライト。
こちらはダイオードレーザーよりもさらに痛みが少なく、産毛や剛毛などの脱毛に適しています。

時間制なら自分の予算に合わせた細かい調整が可能。
クリニック脱毛に興味があるけど今まで施術をためらっていた人も、一度試してみてはいかがでしょうか?

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンで味わう挫折

脱毛サロン通い

脱毛サロン通いを挫折してしまう理由

ムダ毛の処理というのは面倒なもの。
また、自己処理を長年続けていると、どうしても肌を痛めたり、メラニン色素が増殖して色素沈着を起こす可能性が高くなります。

そのため、最近ではサロンで脱毛してもらう女性が多くなりました。

ただ張り切ってサロン通いをしても、途中で挫折してしまう人が少なくないようです。

その理由ですが、まず第一にあげられるのが「脱毛が完了するまでに余りに日数がかかりすぎる」ということ。

脱毛に関する知識がない人にとっては意外でしょうが、施術は2〜3回受けただけでは効果はありません。また、ほとんどのサロンでは6回を1セットとして契約しますが、正直いって、6回でもまだまだ効果を感じるまでにはいたらないでしょう。

しかも一度施術を受けると、次の施術まで最低でも1ヶ月は待たなければなりません。

「なんでそんなに間隔をおくの?」と思われるでしょうが、これには毛が生え変わるサイクル、いわゆる「毛周期」が関係しています。

それぞれの毛は、生え始めてから抜け落ちるまで「成長期→退行期→休止期」という3つの時期を経ます。

サロンでは「美容ライト脱毛(光脱毛)」という方法で脱毛を行うのですが、効果があるのは成長期の毛だけです。

同じ部位であっても、それぞれの毛の成長期の時期はバラバラなので、その部位を完全にツルツルにしようと思ったら、どうしても時間がかかるわけです。

挫折しないためには、日数がかかることをキッチリと理解し、根気よく施術を続けるしかありません。

なお少しでも日数を短くしたいなら、サロンをやめて医療クリニックでの施術を選ぶべきです。

クリニックでは照射威力の強いレーザーが使われており、永久脱毛も可能。
費用は高くなりますが、施術間隔も短く、サロンよりも早く効果が実感できます。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛剤について

手軽にキレイにしたい

おすすめの男性向け除毛クリーム

男性のムダ毛は、量が多かったり、毛質が硬めだったりして、カミソリや毛抜きだと処理にも時間がかかります。
手軽にキレイにしたいなら、除毛クリームを使うのがベストでしょう。

ただ最近は種類が増えたので、どれを選べばいいか迷ってしまいます。

そこで個人的におすすめのクリームを紹介してみることにしました。

最初の商品は「dot. 脱毛クリーム」。ブラウンのパッケージが印象的です。
脱毛クリームとは思えない外観なので、洗面所に置いておいても違和感がありません。

成分にも工夫をこらし、メンズ脱毛クリームの独特のニオイをできるだけ抑えて作られています。「脱毛クリームはニオイが苦手」という人でも、安心して使えます。

次に「フィーモ エピDX PLUS」。

男女兼用ですが、硬めの毛にも効果が高く、人気商品になっています。ポンプ式で使いやすいのもメリットのひとつ。肌に優しい尿素が配合されていて、使用後も肌の潤いをしっかりキープしてくれます。

また、ダイズエキス、チャエキスなど、天然由来の成分も豊富。ピリピリ感が少ないのも助かりますね。

最後に「ヴィート 敏感肌用脱毛クリーム」。

「除毛クリームといえばヴィート」といわれるくらい、この分野でよく知られたブランドです。大抵のドラッグストアに置かれているので、パッケージを見かけた人もいるでしょう。amazonでも700件を越えるカスタマーレビューが投稿されていて、人気のほどがうかがえます。

除毛クリームというのはどうしても肌に負担をかけますが、この商品は敏感肌用なので、ピリピリ感が少ないのが特徴。また、専用のヘラとスポンジがついていて、手を汚す必要がありません。

いかがでしょうか? 他にも様々な特徴を持つクリームがあるので、自分に合うものを探してみて下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ