2018年 9月 の投稿一覧

脱毛料金について

脱毛をしてもらう女性

脱毛にかかる費用ってどれくらい?

最近は脱毛サロンや脱毛に特化したクリニックが増え、プロによって脱毛処理をしてもらう人が増えました。
テレビでも有名タレントを起用したコマーシャルが流れていて、需要の高さをうかがわせます。

ただ、「施術してもらいたいけど費用が分からなくて不安」という人も多いでしょう。

そこで脱毛サロン、医療クリニックの両方について、脱毛完了までの費用の相場がいくらぐらいなのかを調べてみました。

最初に脱毛サロン。チェーン展開をしているサロン計20社のデータから、部位ごとの平均料金を計算してみたところ——

・全身……164,700円
・ワキ……16,833円
・顔……41,033円
・VIO……58,633円
・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円
・足(ヒザ上)……56,300円
・足(ヒザ下)……55,100円
・背中(上下)……71,600円
・うなじ……19,000円

という結果が出ました。

続いて医療クリニック。こちらも口コミ投稿数の多いクリニック20社の平均価格を出してみると——

・全身……401,945円
・ワキ……14,825円
・顔……131,325円
・VIO……67,975円
・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円
・足(ヒザ上)……108,750円
・足(ヒザ下)……100,500円
・背中(上下)……91,917円
・うなじ……57,250円

となりました。

以上の結果でお分かりの通り、クリニックの方がサロンよりもずっと価格が高くなっています。特に顔脱毛に関しては、クリニックで施術してもらうとサロンの3倍以上となります。

ただクリニックのメリットは、サロンでは不可能な永久脱毛ができること。
値段と効果の両方を考慮しながら、自分に合ったところを選ぶべきでしょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

レーザー脱毛について

脱毛をしてもらう女性

脱毛サロンと医療クリニックの施術の違いとは?

脱毛をしてもらうなら、サロンと医療クリニックのどちらかを選ぶ必要がありますが、この2つは施術に使う機器が違います。

現在ほとんどのサロンが採用しているのがIPL脱毛法。

IPLというのは、intense pulsed lightを略したもので、有害な紫外線をカットした特殊な光。メラニン色素にだけ反応する特性を持っています。

ムダ毛を含んだ肌に照射すると、深部にある毛乳頭と皮脂腺開口部だけに反応し、熱エネルギーに変化。
その組織にダメージを与え、発毛を阻害してくれます。

一方、医療クリニックで採用しているのはレーザー脱毛法です。

レーザーにはアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど色々ありますが、いずれも脱毛の原理はIPLと同じ。毛根にあるメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーに変わることで組織を破壊。脱毛効果を得ます。

IPLとレーザーの違いというのは、波長とパルス幅。
その違いが照射威力の差を生んでいます。

パワーが大きいのはレーザーの方で、照射を続けることで毛根組織は完全に破壊され、いわゆる永久脱毛が可能になります。これは医療行為とみなされるため、医師免許を持っている人間しか施術はできません。

ただそれだけ肌へのダメージも大きく、痛みを感じることが多い、といわれています。

IPLの方ではパワーが弱いだけに肌への影響も少なく、痛みもレーザーよりは少なくてすみます。その代りに脱毛完了までの日数がどうしても長くなり、全身脱毛の場合は数年かかることも珍しくありません。

またIPLだと毛根は単に弱体化するだけなので、脱毛完了から数年経つとまたムダ毛が生えてしまうことになります。

もし永久脱毛を望んでいるなら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるようにしましょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンランキング

施術を受けたい女性

おすすめの脱毛サロン

脱毛ブームともいえる現在、脱毛サロンも大小含めると数え切れないほどの店舗があり、「施術を受けたいけれど目移りして決められない」という人も増えています。

そこで今どんな店がおすすめなのか、その特徴を述べながら紹介してみます。

まずおすすめしたいのが、キレイモ。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美を起用したテレビコマーシャルが流れているため、脱毛には興味がなくても名前を知っているという人も多いでしょう。

ここの特徴は、学割制度が充実していること。
学生さんなら、プランによって他のサロンよりもずっとお得に施術を受けられます。

また1店舗当たりのベッド数が多く、他店よりも予約が取りやすいのも助かります。

続いておすすめなのが、銀座カラー。設立が1993年といいますから、もう四半世紀も営業を続けている老舗中の老舗です。

その最大の特徴が、「スピード脱毛」。他の店舗では全身脱毛に1時間半から2時間ほどかかってしまうのですが、銀座カラーならわずか60分で終わります。

なぜこんなことが可能なのかというと、スライド式の脱毛器を採用しているから。これに慣れてしまうと、他店の施術がすごくゆっくりに感じてしまいます。

最後に紹介するのはミュゼプラチナム

店舗数、顧客数、売上、それに満足度が脱毛業界でトップ。現在までにその顧客は300万人を越えていて、「脱毛」で検索すると、必ずその名前が出てくるほどです。

人気の秘密はキャンペーンがとにかく多いこと。公式サイトを小まめにチェックしていれば、他店より安くで施術が受けられます。

また、SSC(スムース・スキン・コントロール)方式の脱毛機器を採用。
肌へのダメージが少ないため、痛みがほとんどないのも助かります。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

抜歯後は脱毛できるの?

施術に通い続けなければならない

抜歯後は脱毛できるの?

脱毛というのは、サロンにしろクリニックにしろ、一旦始めると数回では終わらないのが普通です。
数ヶ月から数年に渡って施術に通い続けなければならないので、その間には虫歯になってしまい、抜歯をする機会があるかもしれません。

その前後に予約を入れていた場合、施術をしてもらうことはできるのでしょうか?

答えを先にいってしまうと、大抵のサロンやクリニックでは「ダメ」です。施術を断られるところが多くなっています。

顔脱毛を行っている場合、ダメだということは納得できるでしょう。IPLやレーザーなどの特殊な光を当てるわけですから、抜歯後の傷口が光のせいで悪化すると大変です。

しかし、足や背中、あるいはデリケートゾーンなどの脱毛なら、光が当たる可能性は低いはずです。それなのになぜ施術を断るところが多いのでしょうか?

実は問題となるのは、歯医者で処方された痛み止めです。

いくつかの薬の成分には、光に肌が過敏になる「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

この症状になると、普段なら何の問題もない光の照射で、むくみ、水ぶくれ、かゆみなどが生じてしまいます。

痛み止めには、この症状を引き起こす成分が配合されている可能性もあるため、摂取していると施術を受けることができません。

症状が悪化するとさらに重篤な事態になりかねないので、抜歯後は正直に申告し、施術を避けるようにしましょう。

ちなみに抜歯に限らず、虫歯の治療中も注意が必要。虫歯の痛みは、光の影響で増幅される可能性があるからです。

そのため、痛みが激しい時は、口周りの施術は中止した方が無難です。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の臓器への影響

自己処理の手間を省く

レーザー脱毛は内臓に影響するの?

自己処理の手間を省くために脱毛してもらう場合、脱毛サロンか医療クリニックに通うのが一般的。

どちらにしろ、施術にはメラニン色素に反応する特殊な光が使われます。

脱毛サロンで使用されるのはIPL(インテンスパルスライト)というライトが多く、医療クリニックでは、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどのレーザー光を使用。メラニン色素に反応させて毛乳頭や毛母細胞を損傷し、発毛を阻害します。

照射パワーの強い方はレーザーで、毛根組織が完全に破壊されることもあってムダ毛が再び生えてくる確率はかなり低くなります。

ただパワーが強力なだけあって、脱毛の初心者には次のような不安を覚える人もいるようです——

「レーザーを使って脱毛すると皮膚癌になりやすいのでは?」
「内臓に悪い影響があるのでは……」
「レーザーを照射しすぎるとシミができてしまうって本当?」

以上のようなことが真実なのか、日本医学脱毛協会に質問してみたところ、まず医療用のレーザーで皮膚癌が発生する可能性はありません。逆に皮膚癌の原因であるシミやほくろが消えてしまうこともあるそうです。

またレーザーに関しても、YAG以外のものはすべて波長が短い可視光線で、到達範囲は皮膚の表面に限られています。ですから、内臓に影響を及ぼすことはあり得ません。

確かにレーザーの照射威力は強く、時には肌に軽い炎症を起こしたり、赤み、むくみなどの症状が出ることもありますが、施術を行っているのは医師ですから、適切な処置をその場で受けることができます。

後遺症の心配もありませんので、効果的な脱毛をしたい人はクリニックで施術してもらうといいでしょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛をドタキャンしたらどうなる?

予約をドタキャン

予約をドタキャンしたらどうなるの?

脱毛の施術を完了するには、数ヶ月から数年という日数がかかります。
その間には、仕事の遅れなどが原因で、予約時間にどうしても間に合わないこともあるでしょう。

この時気をつけたいのは、ドタキャンや遅刻をすると罰金やペナルティーが課されるサロンがある、ということ。

「自分が通っている店にはなかったような……」と思っている人もいるでしょうが、サロンでプランを決めて契約する時、遅刻・キャンセルに関する注意事項が契約書に載っていることが多いので、事前にチェックしておく方が無難です。

ちなみに以前、ある大手脱毛サロンに関して、

「遅刻したので連絡を取ろうとしたが、電話がつながらなかった」

という口コミが、ネットで書き込まれたことがありました。

「私も同じ体験をした」という人が多く、「キャンセル料を取るためにわざとやっているのでは?」「もともとサービスがイマイチだからそういうこともやりかねない」などと、散々そのサロンの悪口が書き込まれていました。

ただ最近では、ネットとスマホのおかげで「24時間いつでも予約キャンセル可能」という店が増えてきているので、そういうひどいことはなくなったようです。

なお、各サロンの公式サイトをチェックすると、遅刻やキャンセルへの対応は様々——。

例えば、ミュゼプラチナムでは当日にキャンセルをしても、キャンセル料や罰金は取られません。また、どのコースも回数保障制度を設けているので、契約期間内なら再び施術を受けることができます。

逆に脱毛ラボでは、当日キャンセルは基本的にNG。連絡を入れたとしても、自動的にキャンセル料1000円を取られます。

このように各サロンで大きく対応が違いますから、後であわてないようにぜひ契約書をチェックしてみて下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の際のアルコールの摂取

施術後のアルコール

施術後のアルコールについて

最近では脱毛が一種のブームとなり、有名タレントを起用したコマーシャルをテレビで盛んに流すようになりました。

それを見て脱毛に興味を持ち、「自分もサロンに通おう」と気楽に考えてしまう人が増えているようですが、注意したいのは、「脱毛というのはマッサージのように簡単なものではない」ということです。

現在サロンで主に行なわれている脱毛法は、光脱毛(フラッシュ脱毛、美容ライト脱毛とも呼ばれます)。IPL(インテンスパルスライト)という、黒いメラニン色素に反応する光をムダ毛の生えた肌に照射します。

この光は毛根部分で熱エネルギーに変わり、毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などの組織に損傷を与えます。そのことで毛を生えなくするのです。

この時、毛根部分だけがダメージを被るといいのですが、周りの毛穴や皮膚にもその高熱が移り、軽いやけど症状を起こしてしまいます。

この熱は毛穴にこもるため、しばらくは消えません。赤みやかゆみなどの症状が生じることが多く、悪化すると炎症になります。

ですから、肌が乾燥してダメージに敏感になっている時や、体調がよくない時には施術を断られる場合があります。

決して手軽なものではない、というのも分かるでしょう。

なお施術した後、「なるべく避けるように」と注意される行為がいくつかあります。

・入浴、マッサージ、激しい運動など、体温が上がる行為
・飲酒
・日焼け
・予防接種

これらによって肌のコンディションが悪化する可能性が高いので、避けた方が無難です。

また、夏季の施術後は、汗にも注意すべきです。汗をかくと保湿水分が足りなくなり、肌が乾燥してしまいます。乾燥は肌の大敵ですから、十分に注意して下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

アンダーヘアを脱毛 

ハイジニーナ脱毛を行う女性

ハイジニーナ脱毛って何?

最近、日本でもハイジニーナ脱毛を行う女性が増えています。サロンでもそのことを宣伝して、顧客獲得を狙うところも多いようです。

「ハイジニーナ脱毛」といっても「何だかわからない」という人も多いでしょう。

一言でいえば、デリケートゾーンの脱毛のことです。ほんの数年前までは美容関係者だけが知っていた言葉ですが、海外のセレブ、あるいは日本のモデルさんたちが「ハイジニーナ脱毛をしている」「デリケートゾーンの脱毛は定期的にやっています」などと発言したことから、一般の女性にも普及するようになりました。

「ハイジニーナ」は、「hygiene」(「衛生」)から生まれた造語です。脱毛することによってデリケートゾーンを清潔な状態にする、という意味が込められています。

常に人目から隠されているデリケートゾーンは蒸れやすい部位で、衛生状態がよいとはいえません。アンダーヘアを処理すればその蒸れもマシになるため、清潔さがキープしやすくなります。

アンダーヘアといっても、処理する部位によって種類があり——

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(小陰唇や大陰唇の周辺)
・Oライン(肛門の周辺)

の3つに分けられています(ハイジニーナ脱毛の別名である「VIO脱毛」は、この3つの頭文字から取られたもの)。

現在、アンダーヘアの全部ではなく、一部だけを脱毛するのが一般的。
特にVラインの脱毛が人気です。

その施術に必要な日数ですが、脱毛専門のサロンだと2年から3年、クリニックの場合は1年くらい。

「清潔」というメリットのほかに、アンダーヘアの自己処理がいらなくなるため、タンガ、Tバックといった露出度の高い下着を気軽に身につけることができます。

最近では驚くほど費用も下がってきたので、さらに施術してもらう女性が増えるかもしれません。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛はアトピーの人でもできる?

脱毛の施術

アトピーでも脱毛の施術は受けられる?

女性のエチケットとして、ムダ毛処理は欠かせません。

カミソリで剃ったり、毛抜きやワックスで抜いたりして自分処理している人も多いでしょうが、しばらくするとまた生えてくるので面倒です。

また自己処理していると毛穴に負担がかかってブツブツができたり、色素沈着によって肌にくすみやシミが生じる心配があります。

そんな事態を防ぐためにも、サロンやクリニックで脱毛するのがおすすめ。

でも「脱毛したいけど、私はアトピー肌なのであきらめている」という人もいるでしょう。

あきらめるのは早すぎます。実はアトピー肌であっても、施術をしてくれるサロンやクリニックがいくつかあるのです。

まずサロンの方ですが——

・ミュゼプラチナム
・銀座カラー
・脱毛ラボ

などの店では、アトピー肌でも施術を受け付けてもらえます。

そしてクリニックの方は——

・湘南美容外科
・リゼクリニック
・フェミークリニック

などがレーザーでの脱毛を行ってくれます。

もちろん注意すべき点もあります。上記のサロンやクリニックではIPLやレーザーによる施術を行います。毛根部分が高熱になるため、炎症の度合いによっては症状が悪化する可能性もあります。

また、ステロイド系の薬を患部に塗っていると施術後に色素沈着などが起こる場合があります。そのために施術当日は薬をやめるよう、気をつけなければなりません。

では、施術を受けるなら、サロンとクリニックのどちらがいいのでしょう。

サロンの場合、施術を行うのは専門知識のある医師ではありません。アトピーについても素人なので、その症状について的確な判断を下すことは不可能です。

でも、クリニックなら医師が施術を担当しますから、レーザーを当てる前に症状を診てもらえます。

安心して施術をうけたいなら、ぜひクリニックを選ぶようにしましょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ