2019年 4月 の投稿一覧

メンズ脱毛サロンを上手に選ぶ方法とは?

欧米では、セクシーな男性のランキングに毛深いラテン系の俳優が選ばれることが少なくありません。
「いかにもスタミナがありそう」「胸毛が色っぽい」などと答える女性もいますが、日本では事情が別。体毛がいっぱい生えている男性は不潔な印象があり、モテるタイプとはみなされていません。

中には指の毛が伸びているだけで不快な顔を見せる女性もいて、「モテるためにはムダ毛を手入れしなければ」と男性が考えるのも当然かもしれません。

偶然、現在はちょっとした脱毛ブームです。男性の間で脱毛してもらう人が増えているのも、そんな流行の後押しがあるからでしょう。

ただ「一度トライしたい」という人は多いものの、「サロンとは無縁」という男性が普通です。勝手がわからず、二の足を踏んでいるケースも多くなっています。

そこでこのサイトでは、メンズ脱毛サロンに注目し、特集を組んでみることにしました。
脱毛技術、選び方のコツなどを紹介していきますので、脱毛にチャレンジしたい男性は、ぜひ参考にして下さい。

光脱毛とはどういうものか?

光脱毛とは?
脱毛と聞くと、現在でも「針のようなものを毛穴に挿入し、毛根に電気を流す」という施術シーンを思い浮かべる人がいるようです。

実はこういう想像は決して間違ってはいません。本当に20年ほど前、サロンやクリニックでは使い捨ての電極(プローブ)を毛根に入れ込むという方法で、脱毛をおこなっていたのです。

ここで脱毛について、少しだけ歴史を紐解いてみましょう。

文明の開始とともに脱毛は始まった

古代文明を築いた人間は、すぐに美しい肌への関心を持ち、脱毛行為をおこなうようになりました。文献の記述によれば、紀元前3000〜4000年頃の古代オリエントなどでは、硫黄、石灰などを原料とする脱毛剤を使っていたそうです。

そして紀元前1500年ごろになると、蓮の葉、カバの脂肪、油などを用いた脱毛剤がエジプトで作られ、あの世界三大美女のひとり・クレオパトラも薬を使ってムダ毛の手入れをしていました。

以後近代になるまで、脱毛は女性の美容術のひとつとしておこなわれていきますが、カミソリや毛抜のような器具か、その当時の流行の薬剤を使うだけで、目覚ましい方法の進化はありませんでした。

電気を活用した脱毛が始まる

しかし電気の威力に注目が集まった19世紀末、ようやく脱毛にも斬新なテクノロジーが取り入れられます。その始まりとなったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルが考案した「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスで眼科医をやっていたミッチェルは、逆さまつ毛の処理のためにプローブを使用し、毛根の水酸化ナトリウムの凝固化に取り組みます。これは幸い成功し、逆さまつ毛が二度と生えなくなったのです。

ミッチェルが1875年になってこの方法に関する論文を発表すると、同じやり方でムダ毛処理をおこなう医師が現れ、「電気分解脱毛法」はアメリカ全土に普及していきます。しかし、この方法は手作業で電極をひとつひとつの毛穴に挿入していくため、たいへん時間がかかりました。

それでも、成功すればずっと無毛状態が保てるためにこの方法は流行し、改良された器具が日本にも入ってきました。
そして「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)と呼ばれ、当時最もポピュラーな脱毛方法となったのです。

特別な光線を使った方法が登場

やがて、このニードル脱毛のデメリットを解消する方法が考案されます。それが光を利用した脱毛方法です。

この方法は、毛根に接触しないで脱毛する、という点が画期的でした。波長を調節された特殊な光線は、決まった色だけに反応する特性を持っています。これによって、ムダ毛の成分のひとつであるメラニンにその光線を吸収させます。すると光は熱エネルギーへと変わり、その熱で発毛機能が阻害されるのです。

この光線を用いた脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に大別できます。

そして脱毛サロンのほとんどで使われているのが、光脱毛です。

光脱毛にはどんなものがある?

ここで光脱毛について、もっと細かく説明しましょう。

光脱毛にはいくつかのライトが使われますが、ほとんどのライトは射出されると毛に含まれるメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の細胞には何も悪い影響を与えません)。

光線はこの吸収により熱エネルギーに変化。その熱が毛根にダメージを及ぼし、毛が産生されるのをストップするわけです。この熱の影響で毛も抜けていき、施術を長期に渡って継続することで部位全体がツルツルになります。

今のところ、光脱毛には以下の4種類があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴を簡単に述べましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最もよく使用されている脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」とも呼んでいます)。光線は毛を産生する毛乳頭とその周辺の組織に影響を与え、2、3ヶ月に1回というペースで照射しているうちに、効果が徐々にあらわれてきます。

欠点は少々痛みがあること。ただ輪ゴムなどでパチンと叩かれるような感じで、我慢できないような痛さではありません。

続いてSSC方式。この方式の特徴は射出されるライトにあります。IPL方式では光源にキセノンランプを用い、IPL(インテンスパルスライト)を射出します。それに対してSSC方式では、クリプトンライトという光を照射します。

インテンスパルスライトはそれだけで脱毛が可能ですが、クリプトンライトはそのままでは普通の光と同じです。

では、どんなふうに発毛器官に損傷を与えるのかというと、まず施術パーツに特殊なジェルを塗ります。

その上で光を当てると毛根がダメージを受け、毛の産生がストップするのです。

SSC方式の最大のメリットは、光の出力が多少抑えられていても問題ない、というところ。
ジェルとの併用によって脱毛するため、高熱でなくても大丈夫です。
したがってIPL方式に比べ、痛みがさらに軽くなります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは新発想によって生まれた脱毛方法です。両方とも毛根の一部であるバルジ領域を標的にするところが、これまでのものと違っています。

特にハイパースキン法は、メラニン色素と関係なく施術できるところが大きな利点です。光線の温度が体温とさほど変わりないため、まったく痛みを与えません。ですから、子供さんや痛みに敏感な人でも施術可能です。

医療脱毛とどこが違うのか?

どこが違うのか?
これまで、脱毛方法の歴史と光脱毛について説明しました。説明の通り、現在ではほとんどのサロンで光線を用いた施術がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックでは「レーザー脱毛」という方法が使われています。これは光脱毛とどんなところが違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、文字通りレーザー光線を射出する脱毛方法です。元来レーザー光線は、波長にしたがってひとつの色に反応する性質を持っています。つまり、青、黒、赤などの色のついた細胞があると、ピンポイント的にその色のところだけ損傷できるわけです。医療現場でも、レーザーを応用した手術が盛んにおこなわれています。

では、光脱毛とレーザー脱毛の相違点はどこか、というと、発毛組織を損傷するパワーにあります。

サロンの光より波長が長いレーザー光は、肌の中に隠れた毛根部分に確実に到達します。そのため毛乳頭などの器官は完璧に死滅する場合が多く、脱毛効果が死ぬまで継続する確率が高くなります。

それだけレーザーのパワーは抜群で、医師免許を持つ人間でないとマシンを操作できません。

ただレーザーは照射時の痛みが激しく、肌の繊細な人は炎症が生じる可能性もあります。

光脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

第一にあげられる光脱毛のメリットは、何と言っても施術コストが安上がりなこと。

クリニックと比較すると、部位によっては1回の費用が2分の1以下ですむ場合もあります。

また、光脱毛をおこなうスタッフには特別な資格は不要です。すでに述べたように医療レーザー脱毛の場合は医師でないと脱毛できませんが、サロンならどんなスタッフでも施術が可能。つまり、より多くの客に対応できるので、医療クリニックのように「契約したものの、最初の施術日が数ヶ月も先」というような厄介な事態が避けられます。

次のメリットは、肌へかける負担が少なく、照射時の痛みが軽いこと。そのため、痛みに弱い人、肌の繊細な人にはピッタリです。

レーザー脱毛は、レーザーのパワーが強いので痛みも激しくなります。そのため、人によっては笑気麻酔などの麻酔を使うこともありますが、光脱毛ではそんな苦労はいりません。

麻酔を使うと追加料金を請求するクリニックが多いので、その点でも安心できます。

そして最後のメリットですが、光脱毛には多種多様なコースとプランがあるため、自分の望むような施術内容にできます。

部分脱毛と全身脱毛のチョイスはもちろんのこと、店舗によっては肌をケアするエステコースをオプションにしているところもあります。

デメリット

光脱毛は「脱毛」と言っても、実際のところは「抑毛」「減毛」と呼ぶ方がふさわしく、施術を終えても部位は死ぬまでツルツルのまま、というわけにはいきません。

ただ、ムダ毛が再び伸びるにしても、本数が減少したり細くなったり、発毛の勢いが抑えられたりするので、施術がムダになるわけではありません。

また光脱毛では、施術完了までの時間がレーザー脱毛よりも長くなります。

光脱毛は1度施術しただけでは、効果はそれほどありません。繰り返し施術した結果ようやく効果が実感でき、プランによってはその時間がレーザー脱毛の数倍もかかります。

完了までの日数が延びると、レーザー脱毛よりも料金が高くなることもあるため注意が必要です。

そしてもうひとつのデメリットに、色の薄い毛や産毛は施術しにくい、ということが挙げられます。

これらの毛はメラニンが少なく、光を吸収しにくくなっています。
そのため、結果に満足できないことが多く、他の脱毛方法で追加施術をする必要があります。

サロンを選ぶ時、どういう点に注意する?

どういう点に注意する?

料金システムに気をつける

サロンは色々なシステムの店があるだけに、料金体系もそれぞれ違います。ただ大まかに分けると、「月額制」と「ローン」の2つになります。

出費を節約したい場合は「月額&定額制」を選びがちですが、施術が長びくとかえって総額が高くなることもあります。

また「月額制、回数無制限」だとお得な印象があります。しかし、回数次第でその価値は違ってきますし、「1回あたりの時間」も確認すべきポイントです。

たとえば施術が1週間に1回のペースで、1回あたり10分だと仮定すると、「1ヶ月あたり40分」が施術の合計時間となります。40分でどれくらいの面積を施術できるかによって、費用がリーズナブルかどうか、判断がつきます。

また、有名サロンは予約が取りにくいため、予定通りに通えないケースが多いようです。

行き始めてから後悔しないためにも、契約前に情報をチェックしておきましょう。

希望部位の料金を調べる

サロンで「〇〇を脱毛すると、いくらですか?」と訊くと、「普通は〇円です」とスタッフが答えてくれると思います。ただ女性客の割合が多いサロンだと、その返答には注意が必要です。

というのも、男性は女性よりも毛が太いうえに量も多いので、普通よりも料金がかさむことになりがちです。

丁寧に毛の量と質を調べて、見積もりをしっかり出してくれる店舗もあるかもしれませんが、女性より高額の確率が高い、ということを忘れないでください。

「追加料金」を取られる?

ローンや月額制での料金のほかに、追加料金を取られる機会があるのかどうか、しっかりチェックしておきましょう。

例えばサロンだと、オリジナルケア商品を使うように推奨されることがあります。その料金が別途必要なのかどうか、把握しておくことが大切です。

延長する際のコストはどうなっているか?

契約分の施術は終わったものの、結果に納得できない人は、追加で施術してもらえます。

その際、「契約は○円で、追加施術の場合は○円」と料金が最初から決められているサロンがあります。追加があまりに高いと困りますから、事前に聞いておいた方が無難でしょう。

以上、脱毛したい男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を細かく紹介してみました。

現在、脱毛は非常に身近なものになっています。サロンの数も多く、新しい顧客を呼び込もうと懸命です。
キャンペーンもよく実施されているので、公式サイトなどをチェックし、お得に施術してもらいましょう。

賢い医療脱毛クリニックの選び方とは?

昔は「施術が痛い」「しつこい勧誘がある」といった悪いイメージがまとわりついていた脱毛ですが、近年は脱毛技術の向上や国による規制強化によって様変わりしました。さらに施術料の値下げもあって、ちょっとしたブームと呼べるほど客層が広がっています。
タレントを起用したテレビコマーシャルや駅の広告などを見て、「自分も脱毛に挑戦したい」と考える人も少なくないでしょう。

脱毛すると決めたら、脱毛サロン、あるいは医療クリニックのどちらかと契約を交わし、数ヶ月(大掛かりなコースなら数年)そこに通い続けることになります。安価という点に釣られて、以前はサロンを選ぶ人が多かったのですが、最近は医療クリニックの良いところも知られるようになり、どちらに通うか迷う人もいるようです。

そこでこのサイトでは、脱毛未経験者のために、医療クリニックの情報を特集することにしました。
その施術に用いられる技術やメリット・デメリット、クリニックを選ぶ時のコツなどについて、色々と述べていきます。

医療クリニックではどんな脱毛がおこなわれている?

医療クリニック
上で記したように、ムダ毛を専門家の手で脱毛してもらうなら、サロンか医療クリニックのどちらかに出かける必要があります。特殊な専用マシンによって施術をおこなう点はどちらも同じなのですが、もちろん異なるところもずいぶんあります。

では、サロンとは違う医療クリニックの特徴とは、どういうところなのでしょうか?

1)レーザーの技術によって施術をおこなう

真っ先にあげたいのは、医療クリニックではレーザーを用いて施術をおこなう、という点です。

このレーザーによる脱毛テクノロジーは、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンが発見した「選択的光熱凝固理論」を応用したもので、古代オリエントから続く脱毛の歴史に大変革を起こしました。

以前の脱毛というのは「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれるものが主流で、細い金属針(プローブ)を用いていました。これは1875年、アメリカの眼科医だったチャールズ・E・ミッチェルが逆さまつ毛を処理するのに使ったのが始まりで、毛穴にプローブを刺し、微弱な電気を通すことで発毛を阻害します。

この方法は脱毛効果に関しては抜群なのですが、なにしろ毛穴ひとつひとつにプローブを差し込んでいくために時間と手間がかかり、施術料もそれだけ割高になってしまいます。
しかも痛みもひどいもので、施術される側も相当な忍耐を強いられます。

この状況を根本的に変えたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛はその名前の通り、レーザー光を照射してムダ毛を処理する脱毛方法です。レーザー光は単一の波長をもつ光子の集まり、つまり単色光です。普通の光のように広がらず、同じ方向を向いて射出されるために、高いエネルギーを持っています。

さらに重要な特徴は、ほかの物質に吸収され、高熱に変わる、という点。
レーザー光を赤、青、黒など特定の色素を持つ細胞に当てると、その色素だけに作用して破壊することが可能となります。

脱毛の施術においては、毛に含有される黒いメラニン色素にアプローチするよう、媒質や光学素子によって波長を700nm〜1000nmに調節します。ムダ毛に照射されたレーザー光線は、毛の中で熱エネルギーに変化。その温度は65度から70度に達します。

やがてその高熱が毛包全体に広がり、毛を作る組織である毛母細胞や毛乳頭を損傷し、毛の生成を阻害するのです。

この脱毛方法のずば抜けたメリットは、あくまでメラニン色素のみがターゲットとなり、表皮や他の組織にダメージを与えないという点。
おかげで施術はマシンを操作してレーザー光線を肌に照射すれば完了で、スピードの点でニードル脱毛とは段違いです。

最初に開発された時はレーザーの種類は少なかったのですが、今ではアレキサンドライト、YAG、ダイオードなど色々そろっており、波長の異なるレーザー光を毛の太さや脱毛部位に合わせて照射できます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはまだまだ誤解が多く、「一度施術してもらうと、その肌に生えたムダ毛はずっと生えてこない」と思っている人がいます。

しかし、発毛をつかさどる毛球部分は強い回復力があり、軽い損傷をこうむってもその機能はすぐによみがえります。レーザー光線を1度当てたくらいではダメージも大したことがなく、さらに毛には毛周期という毛の成長サイクルがあるため、それに合わせて施術を繰り返す必要があります。そうやって長期間かけて施術を続けるうちにムダ毛が薄くなり、そのパーツがツルツルになってきます。

医療クリニックと同様、サロンの施術でも毛根に働く光線を用いますが、その威力がかなり弱いために毛母細胞は死滅せず、一時的に衰えるだけです。そのため、数年くらいたつと発毛機能は再生し、毛が伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックではパワーの強いレーザー光線を照射するため、毛母細胞が復活する可能性は低くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)光線を照射できるのは医師だけ

上でも述べた通り、サロンで使われているマシンは光で毛根にアプローチするものではありますが、レーザー脱毛ではありません。レーザーとサロンの光線を比べると、威力の点で砲弾と銃弾ほどの違いがあります。「事故の可能性はほとんどない」とされているので、サロンでは施術するのに別に資格はいりません。

ところがレーザー脱毛の場合、体の細胞を完全に死滅させる威力を持っていますから、操作ミスがあると重篤なケガにつながりかねません。そのためマシンを操作するのは、いざという時に対処可能な医師に限られています。
もちろん、応急処置がすぐにできる設備もそろっているので、その点安心できます。

医療脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

・必ず医者が器械を操作するので、トラブルが生じてもすぐ対処できる
・効果がきわめて強く、毛深い体質の人でも完璧な脱毛ができる
・サロンよりも施術に通う回数が少なく、脱毛が完了するまでの日数も短い

難点

・リーズナブルでキャンペーンが多いサロンより、はるかに施術料が高い
・レーザーの照射時の痛みが強いため、施術が嫌になる
・レーザー光が強力すぎて、施術後に炎症や毛膿炎などが起こることがある

脱毛サロンと医療クリニックの差は?

違いについて
上でもほんの少し脱毛サロンとクリニックの違いを説明しましたが、ここでさらにいくつかの相違点を解説しておきます——

費用

昔から脱毛サロンは女性雑誌によく宣伝を載せていますが、そこにはお得なキャンペーンの内容と料金が目を引くように書かれています。これでお分かりの通り、施術料の安さがサロンのメリットのひとつです。

一方、医療脱毛クリニックの料金は、医療機関ということもあって滅多にディスカウントされません。
さらに上のセクションの「難点」で指摘したように、サロンよりも相当高くなっています。

ここで、脱毛完了までどれくらい料金がかかるのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な数字を一覧で示してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国展開をおこなっている有名サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を計算してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・うなじ…19,000円

という金額になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索で上位に出てくる20院の平均施術料を割り出しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・うなじ…57,250円

これで分かる通り、脱毛サロンよりも医療クリニックの方がずっと料金が割高になっています。特に顔脱毛はその差が極端で、クリニックの施術料はサロンの3倍以上です。

効果

上述したように、サロンと医療クリニックでは脱毛方法でも差があるため、効果にも違いが出ます。

現在、脱毛サロンでよく採用されている方式は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンで1番使われているもので、フラッシュ脱毛、あるいは光脱毛とも呼ばれます。1ショットにおける照射面積が広いため、脚、腕、背中などの部位が素早く処理できます。しかも光の出力は抑えてあるので、痛みも非常に軽微です。

他の方法もそれぞれメリット・デメリットがあるのですが、いずれにしてもサロンの施術では「減毛」「抑毛」しかできません。
確かに施術後は部位が無毛になりますが、その状態はせいぜい数年しか保てないのです。

一方、医療クリニックではレーザー光線を使って脱毛をおこないます。

レーザー光線には、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどがあり、それぞれ独自の波長を備えていますが、いずれもサロンのIPLとは比べ物にならない破壊力をもっています。

確実に部位をツルツルにしたいのなら、やはりクリニックでレーザーによる施術を受けるべきです。

保証

保証という点では、医療クリニックと脱毛サロンであまり差はない、と言っていいでしょう。

ツルツルになるまでずっと施術を続けられる「永久保証」、有効期限をある程度延長できる「期間保証」、中途解約時に前払い金の一部を返してくれる「返金保証」等は、クリニックでもサロンでも受けられます。

ただその条件や保証の種類に関しては、クリニックによって相当違いがありますから、事前に公式サイトで確認しておいて下さい。

その他

サロンとクリニックの違いを考えた時、案外見落とされるのが支店(支院)の数です。

「それが重要なポイントなの?」と思われるかもしれませんが、脱毛の施術は毛周期に合わせておこなうため、どうしても完了までに長い日数が必要です。つまり狭い部位でも数ヶ月、さらに全身脱毛のようなプランになると、数年間は施術に通わなければなりません。

そうなるとその期間に生活環境が変化する人もいます。引っ越し、転勤がその例ですが、引っ越し先に契約していたクリニックの支院がないため、前払い金が無駄になってしまう場合があります。

部分脱毛ならまだ費用も数万円にとどまりますが、全身脱毛のコースになると、前払金が20万を越えるケースがあるでしょう。引っ越しでそれが全くムダになるのは避けたいところです。

よく知られたサロンなどは全国の主要都市に数多くの店舗があり、引っ越し後も脱毛を継続できる可能性が高くなります。
ところがクリニックだと経営規模が小さいところが多いため、転居先に支院がないことがあります。

そんな事情を考慮すれば、仕事柄、引っ越し・転勤が多い人は、全国に支店を設けているサロンで脱毛した方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時、注意を払うべき点は?

注意を払うべき点

施術料がリーズナブルか?

クリニックで脱毛しよう、と決心した時、やはり1番心配なのはその費用です。

すでに見たように大抵の医療クリニックはサロンより料金が高いのですが、たとえばテレビコマーシャルでお馴染みの「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりリーズナブルです。両脇に関しては、わずか1,000円で6回も施術を受けられます。

その他にも部位によって格安プランを設けているクリニックがあるので、ぜひサイトなどをチェックしてみて下さい。

施術の痛みへの対策は?

施術時の痛みは、レーザー脱毛の大きな欠点です。最近ではそれを解消しようと、新機種を使っているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では冷却しながら脱毛する「ジェントルレーズプロ」を導入しています。おまけに麻酔代も無料。痛みが嫌な人には最適でしょう。

支院はあるか?

全国に支院がどれほどあるか、というのも見逃せない要素です。

顧客が非常に多い、ということで信頼ができますし、予約も取りやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国展開をしており、転居しても同じ施術を受けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについての様々な情報を詳しく解説してみました。いかがだったでしょうか。

料金が割高、ということで、クリニックはサロンよりも敷居が高いかもしれません。でも脱毛効果を重視したい人にとっては、クリニックのレーザー脱毛は魅力的です。

どうか上記の情報を参考に、自分に合ったクリニックを選んでください。

満足できる家庭用脱毛器を選ぶには?

露出の多いファッションをする時に注意しなければならないのが、気がつかないうちに伸びているムダ毛です。
いくら艶艶しい美しい肌だとしても、ムダ毛をしっかりケアしていないと、その魅力は半減します。

最近は脱毛ブームなので、サロンや医療クリニックに出かける人も多いでしょうが、契約した上で定期的に通うというのは結構面倒なものです。

そんな場合に助けとなるのが家庭用脱毛器。サロンやクリニックの施術に近い効果が得られるということで、ムダ毛処理に悩んでいる女性をターゲットにたくさんの種類が売られています。

ただ決して安い買い物ではないですし、余りに機種が多すぎて「どれを選べばいいのか分からない」という人も多いでしょう。

そこで、家庭用脱毛器を購入しようと思っている人のために、そのメリット・デメリットや選び方を詳細に説明していこうと思います。

家庭用脱毛器とは、そもそもどういう商品?

家庭用脱毛器
ムダ毛の自己処理用のツールというのは様々なものがありますが、それらは2つに大別できます。カミソリ、電気カミソリ、クリームなど除毛を行うものと、毛抜き、脱毛テープ、ワックスなど、毛根部分からムダ毛を引き抜くものです。

この2つのうち、除毛タイプはあくまで肌表面に伸びてきた毛だけを処理するもので、「脱毛」とはいえません。そして引き抜くタイプは毛根から毛を処理するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、すぐに毛は伸びてきてしまいます。

数年から数十年(あるいは永久)に渡ってムダ毛が生えないようにするには、これまで脱毛サロンか医療クリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな中で登場したのが家庭用脱毛器です。この商品は脱毛したい人にとっては画期的なものでした。

何しろサロンやクリニックの場合、脱毛完了までに数ヶ月〜数年に渡って通い続けなければなりません。途中でイヤになる人も多いですし、全身脱毛だと、その契約費&施術料などで10万円以上かかります。

それが家庭用脱毛器なら、それより安い値段でプロにやってもらうのと同じ脱毛効果があげられるのですから、あっという間に売れ筋商品となったのも当然と言えます。

ただ、そうはいっても格安のマシンでも2万円ほどの価格ですから、いざ購入ということになるとどうしても慎重になってしまいます。

以下に記す情報・知識をしっかりチェックして、自分の目的や予算に合った脱毛器を選ぶようにして下さい。

家庭用脱毛器の購入で留意すべき点は?

購入で留意すべき点
家庭用脱毛器は、機種によって効果の出る出ないがハッキリ分かれると言われています。
「見た目がよかったから」「値段が安かったから」といった理由で購入してしまうと、後悔するケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのコツを紹介してみます——

使い勝手がいいかどうか

ネットで家庭用脱毛器の悪い口コミをチェックすると、

「『脱毛効果が優れている』というので買ってみました。でも、持ち手の部分がすごく重くて、数分処理をしているだけで手がだるくなってしまいます」

「1回に照射できる面積が小さく、足などの処理には手間がかかります」

「びっくりするほど動作音が大きいので、夜中は近所迷惑を考えると使えません」

などの意見が目立ちます。これらのように「使用感が悪い」という理由で、せっかく数万円出して購入したのにいつの間にかスイッチを入れなくなった、という人もいるようです。

こんな悲しいことが起きないように、最大出力レベル・照射面積・連射機能などについては買う前にきっちりとチェックするようにしましょう。また、近隣に大型家電店があるなら買いたい機種を直接いじってみて、その重量などを調べた方が無難です。

コストパフォーマンスがいいかどうか

家庭用脱毛器の購入でよくあるのは、本体が安いというので喜んで買ったものの、付属品のランニングコストが予想以上に高く、結局は後悔してしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台というリーズナブルな機種から、10万円以上の高級品まで様々なものがそろっていますが、使うたびに消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

買う前には、本体価格のほかに、カートリッジの交換頻度とその値段がいくらなのか、しっかりと調べておきましょう。

脱毛効果をしっかり把握する

脱毛サロンと医療クリニックでは、施術に用いられるマシンとその方式が違いますが、家庭用脱毛器でも商品によって違う方式が使われています。
現在のところメインになっているのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式といったところですが、それぞれ長所と短所を持っています。

処理したいパーツやどれだけの脱毛効果をあげたいのかは使う人によって違いますから、各方式のメリット・デメリットをチェックしておいた方がいいでしょう。

また、「VIOや顔のようなデリケートなパーツにも使えるか」「打ち漏れが起きやすいか」などの見落としがちな点も、なるべく確認しておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3つの要素は必ず心に留めておいてください。

家庭用脱毛器の良いところと悪いところ

良いところと悪いところ

家庭用脱毛器の良いところ

・自分の都合の良いタイミング・自分のペースでムダ毛を処理できる
・サロンや医療クリニックといった施術場所に通う必要がなく、費用も安く上がる
・乳首周りやVIOなど、人に見せたくない部位もしっかり脱毛できる
・自分の肌の様子に合わせて出力レベルを変えられるため、痛みが軽微ですむ

家庭用脱毛器の悪いところ

・家電としては値段が高い上、消耗品のカートリッジをずっと買い続ける必要がある
・海外の製品には肌への刺激が強いものがあり、トラブルを起こしやすい
・サロンや医療クリニックでの施術に比べると、短時間では効果が感じにくい
・背中、うなじ、お尻など、自分では見えにくい体の裏側の部位には使いづらい
・処理中に炎症、火傷といったトラブルが生じても、あくまで自己責任になってしまう

家庭用脱毛器で永久脱毛をおこなえる?

永久脱毛をおこなえる?
上述したように、家庭用脱毛器の脱毛方式はサロン、クリニックのマシンと同一です。ただ、家庭用脱毛器はトラブルが起きないように照射出力が抑えられているので、永久脱毛はできません。

なお、結構勘違いしている人が多いようですが、サロンでの施術は正確には「抑毛」にすぎません。毛根は破壊されていないので、ムダ毛は数年経つと生えてきます。

永久脱毛を望む人は、レーザー脱毛のできる医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器の方式について

方式について
家庭用脱毛器の脱毛方式には、以下のものがあります——

フラッシュ式

こちらはサロンのマシンと同じ。IPLと呼ばれるライトを照射し、発毛機能にダメージを与えて脱毛します。

この方式の使いやすいところは、照射口が広い点。つまりショット数が少なくても、照射できる範囲が広いために素早くムダ毛処理ができます。
おまけにカートリッジの消耗が抑えられますから、費用も節約できるわけです。

照射出力も比較的小さく、過度に肌が熱くなることもないため、痛みも軽くなります。

脱毛完了までの日数が多い点が短所ですが、それでも1年ほどで自己処理が不要になるほどムダ毛が薄くなります。

レーザー式

指、あるいは顔の一部といった狭い部位を処理したい場合、レーザー式がおすすめです。

原理的に医療クリニックの器械と同じ仕組みで、レーザーライトが肌を素通りしてムダ毛の黒いメラニンに反応。高熱が生じて毛根の発毛機能に損傷を与えます。

フラッシュ式と違って照射された光が一箇所に集中されるため、脱毛効果も抜群です。

そのため完了までの日数も短く、2週間に1回のペースで照射をおこなうと、3ヶ月ほどで効果があらわれてきます。

ただ背中、足のような広い部位にムダ毛が伸びている場合、1回ごとの照射には時間と手間が必要で、打ち漏れの可能性も高くなります。

また、デメリットとして見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「ビックリするほど痛かった」「照射の前はビクビクしてしまう」といった口コミが投稿されていて、痛みがイヤな人はかなり辛いかもしれません。特に肌が薄い部位(VIOなど)では、あまり出力を高くしないように注意すべきでしょう。

また、日焼け、シミ、ホクロといった濃い色の場所に光が当たると火傷を負うこともあるので、照射する箇所についてはくれぐれも気をつけて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は先端がピンセット状の端子で、そこにムダ毛を挟んで脱毛を行います。ライトを使わないので、フラッシュ式やレーザー式と違い、目の回りの脱毛もできます。

また、高周波の作用でムダ毛を抜くため、毛穴に刺激を与えずに処理ができます。ただ1本ずつの脱毛になるため、足などの広い部位には向いていません。

脱毛処理をなるべくスピーディにやりたいという人は、フラッシュ式を選ぶべきです。

なお、上で紹介した3つの方式とは種類が違うのですが「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても説明しておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線によりムダ毛を処理します。肌から伸びている部分を焼き切るだけで、毛根へはダメージを及ぼしません。つまり正確には「除毛」です。

ただ毛先を丸くできるので、カミソリによるチクチクが苦手な人は助かるでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ローラーヘッドを滑らせると肌のムダ毛が絡んでくるので、そのまま引き抜く、という方法を取っています。

方法自体は毛抜と同じですが、広範囲を一気に脱毛できるのがメリットです。もちろん肌や毛穴への負担は大きいので、おすすめはしません。

気になる家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格
家庭用脱毛器の価格は、どれくらいでしょうか?

公式サイトの情報をもとに、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア…¥12,800

エピレタ…¥17,800

センスエピX…¥29,800

ラヴィ(lavie)…¥39,800

トリア…¥54,800

ローワン…¥54,800

フィリップス…¥66,880

2PSクリスタル…¥69,800

ケノン…¥69,800

ダブルエピ…¥81,000

レイボーテグランデ…¥108,000

こうして見てみると、下は2万以下から上は10万円以上まで、価格はバラバラです。

脱毛方法はほとんどのものがフラッシュ式ですが、トリアだけがレーザー式、そしてノーノーヘアのみがサーミコン式を採用しています。

上で説明したように、購入時にはカートリッジの値段を合わせて考える必要があります。本体価格とランニングコストがいくらぐらいになるか、自分でしっかりとチェックしておきましょう。
その数字を比較することで、本当の価格の差が初めて把握できます。

たとえば上の商品のうち、特に売れ行きの良い4つについて、そのランニングコストをまとめてみると——

・ケノン
ワンショットの値段…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの値段…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの値段…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの値段…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「ワンショットの違いなんて、ほんのわずかだ」と思う人がいるかもしれません。しかし脱毛器は、脱毛効果をあげるために2週間に1回は使用し続ける必要があります。つまり、1回なら少しの額でも、何回も使うことでそのコストは予想以上にかかってしまうのです。

また、意外とチェックする人が少ないのが「照射範囲」です。
1回の照射範囲が大きいとその分ショットの数は減少しますから、ランニングコストも少なくてすみます。

トリアはレーザー式なので、ライトを当てられるのは狭い範囲だけです。そのためフラッシュ式のケノンやラヴィと比べると、照射面積は半分以下になっています。

広いパーツのムダ毛を処理したい場合、各機種のワンショットの値段と照射面積がどれくらいか、よくチェックしておきましょう。その上でなるべくお得な機種を選んで下さい。

以上、家庭用脱毛器のメリット・デメリット、その選び方などについて詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその方式によって効果や用途が違ってきます。
また本体の値段ばかりでなく、カートリッジのランニングコストをしっかりチェックしておくことも大事です。

ぜひ自分の予算と目的に見合ったものを選び、ステキな脱毛生活を送って下さい。