不安がらずに一度足脱毛にトライしてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔、胸とともに、女性らしさが最も現れる体の部位である「足」。
スカートから伸びたスラリとした長い足は男性だけでなく、女性の視線も惹きつけます。

自分でもそのシルエットや肌の美しさに自身のある人は、積極的にミススカートなどの露出度の高い服装で足を見せびらかすことでしょう。

しかし、その時に注意しなければならないのが肌に生えているムダ毛です。

遠くから見たときはキレイに思える足でも、ムダ毛で覆われていてはその魅力も半減。それどころか「ムダ毛をそのままにしておくなんてだらしがない」と生活態度まで密かに批判されかねません。

もちろん普段からムダ毛処理を心がけている人も多いはずですが、定期的に続けるとなるとその処理も面倒なものです。

しかも自己処理というのは肌に負担をかけがち。続けていると無用な肌トラブルを招きかねません。

「自己処理なんて面倒だし肌に悪いし、いっそのことサロンやクリニックに行って脱毛してみようか……」

そんなふうに普段から思っている女性も少なくないでしょう。

実は近年はちょっとした脱毛ブーム。新しい技術がいろいろと開発されたおかげで施術がスピードアップし、その料金も昔よりはるかに安めになっています。脱毛してもらうなら、今がチャンスとも言えるでしょう。

ただ脱毛の経験のない人にとって、施術に至るプロセスはハードルが高いものです。
サロンやクリニックを訪れて説明を聞き、色々と契約書類に目を通すというのは考えただけで不安になります。

そこでこのページを立ち上げ、足脱毛についての詳細な情報、施術のやり方、そして気になる疑問点とその返答など、初心者に役立つ知識を色々と紹介していくことにしました。

以下の情報を参考に、ぜひ一度脱毛を体験してみて下さい。

安価に施術できるサロンやクリニックはどこなのか?

足は人間の体の半分を占める大きな部位なので、その脱毛対象となるパーツは、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指という具合に細かく分かれています。

さらにそれらの施術費というのは、サロン・医療クリニックごとにバラバラです。

その中でも値段が安いサロンやクリニックをあげていくと、まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(6回)
・ひざ下……18,000円(6回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(8回)
・足全体……48,000円(8回。ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(8回)
・ひざ下……42,000円(8回)
・ひざ……21,000円(8回)
・足の甲・指……21,000円(8回)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(8回)
・ひざ下……31,200円(8回)
・ひざ……14,400円(8回)
・足の甲・指……14,400円(8回)
・足全体……91,200円(8回)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(8回)
・ひざ下……31,840円(8回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(8回)
・足全体……95,520円(8回)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(5回)
・ひざ下……41,250円(5回)
・ひざ……13,750円(5回)
・足の甲・指……13,750円(5回)
・足全体……92,900円(5回)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(5回)
・ひざ下……89,800円(5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(5回)
・足全体……119,800円(5回)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(6回)
・ひざ下……81,000円(6回)
・ひざ……28,750円(6回)
・足の甲・指……28,750円(6回)
・足全体……219,500円(6回)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(5回)
・ひざ下……60,000円(5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(5回)
・足全体……100,000円(5回)

となっています。

サロンの中で最も費用がリーズナブルのは、ミュゼです。ひざ上・ひざ下をあわせても36,000円(6回)ですから、他のサロンより数万円も安く脱毛できます。

ただ銀座カラーの場合、足の指・甲まで施術できる足全体のコース(通い放題)が151,152円。足全体のムダ毛を完全に処理したいという人はこちらの方がベストかもしれません。

クリニックに関してはアリシアクリニックが最もリーズナブルで、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指が施術可能な足全体プランが92,900円です。

クリニックには40万円以上の料金をとるとんでもないところもあるので、10万円以下というのは本当にお得です。

初心者が脱毛を体験したいなら、どの店に行くべき?

部分脱毛とは言え、足脱毛は決して安価なものとは言えません。

不安な人は、ジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」でとりあえず施術を体験してみてはどうでしょう?

これは全身の18部位の好きなところを3つ、そして両ワキを1回だけ脱毛ができるという特別なプラン。料金は驚きの300円です。

これで施術がどんなものか知ってから、契約するサロンを検討するのもいいでしょう。

脱毛に必要な日数と回数について

上に記した情報で、足脱毛の費用についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛完了までの日数と回数はどうなのでしょうか?

おおよその数字は以下の通りになります——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか、「思った以上に日数と回数がかかる」と感じた人が多いかもしれません。

実は、足は体のパーツの中でも割と施術の効果が出やすい、と言われています。
それでもこれだけの手間と時間がかかってしまうのです。

その理由ですが、現在サロンやクリニックで使われている脱毛方法と、毛の成長サイクルというものが関係しています。

それを以下の項目で説明しましょう。

脱毛に時間と手間がかかる理由とは?

脱毛方法から解説しましょう。

現在、サロンとクリニックで用いられている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の特殊な光を肌に当てて脱毛効果をあげます。

この光は、黒いメラニン色素だけに反応して熱エネルギーに変わる性質を備えています。ですから肌に照射しても無害で、メラニン色素を含む毛だけに影響を与えるわけです。

熱エネルギーは毛を燃焼させるだけでなく、その毛根に存在する発毛組織(皮脂腺開口部、毛母細胞、毛乳頭など)にも大きな損傷を与えます。
このことで毛が生えなくなり、無毛の肌が得られます。

「それなら1回の照射で脱毛は終わってしまうのでは?」と思われるかもしれませんが、そういうわけにはいきません。というのも、ムダ毛は外側からは全部が同じに思えるでしょうが、実は毛根付近の状態が違っているからです。

体に生えているすべての毛は「休止期」「成長期」「退行期」という3つの時期を繰り返しながら、新しいものへ替わっていきます。この成長サイクルを「毛周期」と呼びます。

「成長期」は毛が伸びて肌の表にあらわれる時期。「退行期」は成長が止まってしまい、毛乳頭から切り離されそうになっている時期。
そして「休止期」は、毛乳頭から毛が完全に離れ、毛穴にはさまれているだけの時期です。

光の照射で効果が得られるのは、毛根と連結している成長期の毛だけです。毛根から離れ始める退行期や休止期に施術しても意味がありません。

施術の効果で成長期の毛は1週間から2週間で抜けてしまい、1〜2ヶ月間だけその部位は毛のないツルツルの状態になります。

やがて毛が再び生えてくるため、また施術で光を照射。これを繰り返していくと、毛そのものが薄くなっていき、本数も少なくなります。

このようにして時間を費やしながらムダ毛一本一本の毛根部分に損傷を与え、ようやく脱毛が完了するわけです。

そのため、施術ペースはどうしても1〜2ヶ月に1回というゆっくりしたものになります。

以上、脱毛に時間と回数がかかる理由がお分かりになったでしょうか?

何しろ毛の性質との兼ね合いがあるので、施術期間は短くするのが中々難しいものです。
脱毛すると決めたら長い期間施術に通わなければならない、ということを覚悟しておいて下さい。

足のブツブツは脱毛をすれば治る?

ムダ毛の自己処理を長い間続けていると、足に黒いブツブツができてしまうことがあります。

この原因は自己処理によるダメージです。

例えばカミソリですが、使用していると肌が傷つき、新しい肌が再生されます。それがあまりに度々だと、フタのように毛穴をふさいでしまうことがあります。

そうなると毛が肌の奥で長くなり、それがブツブツに見えてしまうのです。

またカミソリ負けの症状が起こった場合は、赤いブツブツが生じることもあります。

プロの手で脱毛してもらえば自己処理の回数が減少するため、こんなブツブツが治り、美しい肌に戻っていきます。

さらに術後の保湿処理をキッチリとおこなってくれるサロンやクリニックなら、肌の潤いが維持され、ケア効果も増します。

施術を続けていれば、足の肌は確実にキレイになるでしょう。

足脱毛についての疑問とその回答

Q.施術の時、サロンやクリニックにはどんな服装で行けばいいの?

服装については、通うサロンやクリニックによって事情が違ってきます。ちゃんと施術用のガウンを用意しているところなら、もちろんどんな服装で出かけても問題はありません。

着替えずに私服で施術を受ける場合は、スカートやズボンを取って下半身だけショーツだけになるようですから、ワンピースではない方がいいでしょう。

なお、光の照射時に専用ジェルを使うサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツについてしまう場合があります。
紙ショーツの用意がない店や医院なら、自分で替えを持っていく方が無難です。

Q.肌が色素沈着していると施術できない?

4つのサロンと2つのクリニックに聞いてみたところでは、「色素沈着があると施術は不可」という回答がほとんどでした。

上で説明したように施術時に用いられる光は、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わります。したがって黒っぽい色素沈着があると皮膚に火傷を負わせる可能性があります。

ただ回答してくれたクリニックのひとつであるリゼクリニックでは「看護師が見た目で判断し、大丈夫そうなら施術する」ということです。

Q.肌が乾燥していると施術はできないの?

やはりいくつかのサロンとクリニックに質問してみましたが、乾燥した肌への施術はできない、とのことです。

というのも、乾燥した肌というのは刺激への防御能力が低くなっているため、光の照射によって無用な肌トラブルが起こりやすくなるからです。

また、肌に傷がある時も同様で、化膿その他の症状を避けるために施術はできません。

施術後のアフターケアで注意すること

サロンやクリニックでマシンによる施術を受けると、肌が非常に無防備な状態におちいります。その点をよく考慮し、アフターケアに十分な気配りをすることが大事です。

まず絶対にやめるべきなのは、入浴です。どうしても汗や汚れを取りたいという方は、温度の低いシャワーで我慢しましょう。湯船につかるのは厳禁です。

シャワーを浴びる場合も、刺激を与えないように手のひらで汚れを落として下さい。
ボディタオルなどを使うと、重篤な肌トラブルを生じる可能性があります。

入浴後はタオルで水分をふき取りますが、力は込めずに静かに押し当てるような感じにしましょう。

また、施術後の肌は照射の熱のせいで炎症が起こりやすくなっています。炎症を防ぐには、脱毛した部位の潤いが非常に大事です。
施術直後は当然ですが、翌日もキッチリと保湿し、潤いを欠かさないようにしましょう。

さらに、潤いのある皮膚を保つことで肌の奥に潜んでいた毛が表面に出やすくなり、脱毛効果が普段よりアップします。

保湿はいつも使っているクリームやローションでもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液を用いるとさらに効果が増します。化粧水の後にミルクローションを塗るといいでしょう。

以上、足脱毛に関する情報を色々と紹介してきました。いかがだったでしょうか?

何度も述べてきたように、ムダ毛の自己処理は肌の美しさを台無しにします。
美肌を保つためにも、好みに合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて脱毛してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*