抜歯後は脱毛できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

施術に通い続けなければならない

抜歯後は脱毛できるの?

脱毛というのは、サロンにしろクリニックにしろ、一旦始めると数回では終わらないのが普通です。
数ヶ月から数年に渡って施術に通い続けなければならないので、その間には虫歯になってしまい、抜歯をする機会があるかもしれません。

その前後に予約を入れていた場合、施術をしてもらうことはできるのでしょうか?

答えを先にいってしまうと、大抵のサロンやクリニックでは「ダメ」です。施術を断られるところが多くなっています。

顔脱毛を行っている場合、ダメだということは納得できるでしょう。IPLやレーザーなどの特殊な光を当てるわけですから、抜歯後の傷口が光のせいで悪化すると大変です。

しかし、足や背中、あるいはデリケートゾーンなどの脱毛なら、光が当たる可能性は低いはずです。それなのになぜ施術を断るところが多いのでしょうか?

実は問題となるのは、歯医者で処方された痛み止めです。

いくつかの薬の成分には、光に肌が過敏になる「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

この症状になると、普段なら何の問題もない光の照射で、むくみ、水ぶくれ、かゆみなどが生じてしまいます。

痛み止めには、この症状を引き起こす成分が配合されている可能性もあるため、摂取していると施術を受けることができません。

症状が悪化するとさらに重篤な事態になりかねないので、抜歯後は正直に申告し、施術を避けるようにしましょう。

ちなみに抜歯に限らず、虫歯の治療中も注意が必要。虫歯の痛みは、光の影響で増幅される可能性があるからです。

そのため、痛みが激しい時は、口周りの施術は中止した方が無難です。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*