脱毛コラム

痔になると脱毛はできないの?

脱毛はできない女性

痔になるとOラインの脱毛はできないの?

昔はサロンや医療クリニックでの脱毛というと、露出の多いワキ、手、足がほとんどでしたが、最近、流行になっているのがVIO脱毛。

「VIO脱毛って何?」と思われる人も多いでしょうが、要するにアンダーヘアの脱毛のことです。

VIOというのはアンダーヘアを3つの部位に分けたもので、Vは「ビキニライン」、Iは「小陰唇・大陰唇の周辺」、Oは「肛門の周辺」を指します。

実は、普段からデリケートゾーンは布でおおわれているために蒸れやすく、衛生状態は必ずしもいいとはいえません。アンダーヘアを脱毛すればその蒸れも軽減されるため、清潔さもキープしやすくなります。それに加え、露出度の高い水着を気軽に着られるのもメリットのひとつ。

サロンで体験脱毛を受けた後、その場でVIO脱毛の契約をする人も多いようですが、グーグルでVIO脱毛を検索してみると、「痔のせいで、Oラインの施術ができないといわれた」という体験談がヒットしました。

本当のことなのかと思って調べてみると、どうやら事実のようです。

痔というのは特殊なものではなく、日本人の場合、3人に1人が痔持ちだそうです。
つい甘く見がちですが、出血を起こす場合も多く、立派な病気です。

サロンでの脱毛の施術に用いられるのは、IPL(インテンスパルスライト)脱毛が一般的です。これは毛根のメラニン色素に働きかけ、発毛機能を弱らせて脱毛効果をあげます。

この時、毛乳頭などが高熱に包まれるため、それに接した毛穴やその周辺の皮膚がどうしても軽いやけど症状におちいります。

炎症状態にある痔の近くでそのようなやけどが起こると、当然悪い影響を及ぼすことになります。処置を間違えると症状の悪化につながりかねません。

痔の症状がある人はOラインの施術ができない、というのも、その点で当然のことなのです。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛後に起こりがちな蕁麻疹

起こりがちな肌トラブル

脱毛後に起こりがちな肌トラブルとは?

以前の針を使ったニードル脱毛ほどではありませんが、現在でも脱毛の施術というのはどうしても痛みがともないます。
それはなぜでしょうか?

ほとんどの脱毛サロンで採用されているIPL(インテンスパルスライト)脱毛、それに医療クリニックで用いられるアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザー脱毛は、どちらも同じ原理で発毛を阻害します。

黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光を肌に照射。
毛根部分で熱エネルギーに変わることによって毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛が生えてくるのを防ぐわけです。

その時毛根は高熱に包まれますが、どうしても毛穴やその周辺の皮膚が軽微なやけど状態を呈してしまいます。痛みがあるのはそのためです。

またしばらく毛穴に熱がこもってしまうため、肌は保持していた水分を失って乾燥します。そうするとバリア機能が失われ、肌トラブルが多くなります。

よくあるのが肌の赤みが取れず、かゆみが生じるというもの。

この症状は普通1週間ほどで治まりますが、施術直後に風呂に入ったり、激しい運動で汗が流れたりすると毛穴に菌が入り込み、ジンマシンや毛嚢炎(もうのうえん)を発症することもあるので気をつける必要があります。施術後はくれぐれも肌のケアを怠らないことが肝心です。

最近では、毛根全体ではなくバルジという部位だけに損傷を与える「SHR脱毛」「ハイパースキンカレン脱毛」などの新しい脱毛機が登場し、以前よりも利用する人が多くなっています。これらの機器なら高熱が発生しないので、痛みはほとんどありません。

もし痛み、赤み、かゆみなどを避けたいのでしたら、IPLやレーザーによる脱毛はやめて、ハイパースキンカレン脱毛器やSHR脱毛器を備えているサロンを選ぶべきです。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛する中学生が多くなっている?

脱毛する中学生

脱毛する中学生が多くなっている?

小学校高学年から中学生頃はいわゆる思春期。男女とも、一生のうちで最も体と心が変化する時期にあたります。

身長、体のラインと並んで、見た目で1番変化が分かるのが毛の生育でしょう。陰毛、脇毛が生え始めるのはもちろん、腕や足の毛も濃く太くなり、段々と大人の兆候を示していきます。

ただ、恋愛への憧れが一段と高まり、自分のルックスを特別意識する時期だけに、これらの毛が本人にとって悩みの種となる場合もあります。

特に成長が著しい子は毛について異性や友達にからかわれることもあり、それがずっとコンプレックスとなってしまうケースが多いようです。

実はそのコンプレックス解消のため、現在脱毛サロンで施術を受ける中学生が増えています。

「中学生が脱毛?」と驚く人も多いかも知れません。ただ、最近はサロン通いをする若い母親が多いため、自然にその娘さんも「サロンで脱毛したい」と思ってしまうようです。

店にもよるのですが、ミュゼプラチナ、エピレ、ビー・エスコート、RINRINといったサロンでは、中学生でも脱毛の施術をすることができます。

もちろん契約にあたっては必ず親権者の同意・同伴が不可欠なのですが、ミュゼプラチナやKIREIMOといった店はなんと同意書のみでオーケー。ビー・エスコート、レイビスでは、初回のみ親が同伴すれば後は一人でも施術可能、としています。

こうして施術のハードルが下がっていますので、中学生の脱毛サロンの利用率はさらに高くなっていくかもしれません。

確かに脱毛の料金は安いとはいえませんし、経済的な余裕があっても「中学生には早すぎる」というので、サロン通いを許可しない親御さんも多いと思います。

ただそれでお子さんがコンプレックスから解放されるのなら、必ずしもぜいたくとはいえません。考慮してみるのもいいのではないでしょうか?

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロン c3

価格の安い脱毛

価格の安い脱毛サロン・シースリーとは?

最近は脱毛ブーム。脱毛人口が増えるに従って、サロンの数も急増しています。
色々な特徴を持つ店がしのぎを削っていますが、特に注目を集めているのがシースリー。

シースリーの第一の特徴は、何といっても値段がリーズナブルなこと。

料金プランは以下の3つ——

・月額制
・回数制
・プレミアム脱毛コース

このうち、最初の月額制の料金はたったの5,800円です。

脱毛サロンというと、月額1万円前後くらいが一般的。その約半額の5,800円というのは、驚くべき安さです。

しかもこの月額制プランは、「永久メンテナンス無制限脱毛し放題コース」と名づけられており、回数無制限で施術してもらえます。

回数無制限とはどういうことかというと、費用を全額支払いさせすれば、脱毛のメンテナンスを一生涯受けることができるのです。もちろん追加料金は一切かかりません。

実は医療クリニックと違い、サロンでの施術というのは永久脱毛が許されていません。脱毛するといってもその効果は限定されていて、「減毛」あるいは「抑毛」といった方が正確です。ですから施術から2年から5年経過すると、またムダ毛が生えてきてしまいます。

サロンで脱毛を完了したとしても、その状態を維持したいなら施術のために再び通い続ける必要があり、他の店ではその度に追加料金がかかってしまいます。

ところがシースリーは別です。「脱毛品質保証書」という証明書を発行してくれるため、支払いが終わった後もそれを見せるだけで無料で施術が可能。これならクリニックの永久脱毛と同じで、ずっとムダ毛で悩むことはなくなります。

リーズナブルな価格で脱毛をしたい人は、ぜひシースリーの公式サイトをのぞいてみて下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の施術って痛いの?

変なイメージを持っている人

脱毛の施術って痛いの?

脱毛に対して「すごく痛い」というイメージを持っている人がまだまだいるようです。実際、美容関係のサイトでも「脱毛の施術は痛いんでしょうか?」という質問をしばしば見かけます。

おそらく、脱毛の施術が痛いというイメージがあるのは、20年以上前に主流だった「ニードル脱毛」という脱毛法のせいでしょう。

これはプローブと呼ばれる針を毛穴に突き刺し、そこに電気を流すことで毛乳頭や毛母細胞の組織を破壊するというもの。

注射嫌いの人なら想像するだけで顔をしかめるような方法ですが、実際に痛みが激しいといわれています。その上施術に時間がかかるため、現在は一部のクリニックでしか行なわれていません。

ただ、脱毛効果は抜群で、徹底的に脱毛したいという人にはいまだに人気があります。

おそらく、実際にプローブで施術してもらった人が「脱毛ってすごく痛い」と人に話すことによって、その噂が広がっていったのでしょう。

現在医療クリニックで主流となっているのは、レーザーを使った脱毛です。

肌に直接照射すると、ムダ毛の毛根部分に含まれるメラニン色素にレーザー光が反応。熱エネルギーに変わります。後はニードル脱毛と同じで、そのエネルギーが毛乳頭などに大きな損傷を与え、発毛を阻害します。

この方法はプローブを使うよりはマシですが、熱によって組織を破壊するため、やはり痛みは多少ともないます。

では痛みのない脱毛方法はないのかというと、実はあります。クリニックではなく、サロンでの施術になりますが、SHR(スーパーヘアリムーバル)式の脱毛機がおすすめ。

これなら脱毛効果は低いですが、施術中の痛みはほぼありません。痛みに弱い人でも安心して脱毛が可能です。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

時間制で施術可能な脱毛

脱毛のための努力

時間制で施術可能なパレスクリニックについて

脱毛のために医療クリニックに通うのはいいのですが、気になるのはその費用です。

サロンでは毎月のようにキャンペーンを実施して大幅なディスカウントをしてくれますが、クリニックは医療機関ということもあって極端な値下げはしません。サロンと比べるとどうしてもその費用は高くなってしまいます。

そんな中、施術料金に時間制を採用したパレスクリニックが話題を集めています。

時間制というのは、文字通り、施術に要する時間によって費用が決まるというシステム。例えば弁護士への法律相談などはこの時間制が普通ですが、脱毛クリニックでこの制度を取っているところはめったにありません。

その料金形態ですが——

30分……6,000円/8,000円
1時間……12,000円/16,000円
1.5時間……17,000円/23,000円
2時間……23,000円/31,000円
2.5時間……28,000円/38,000円
3時間……35,000円/47,000円

となっています。

同じ時間で費用が2種類に分かれているのは、脱毛に使用される機器が違うためです。

値段の安い方で使われているのは、ルミナス社のLight Sheerダイオードレーザー。ダイオードレーザーは医療レーザーの中で最もポピュラーなもののひとつです。冷却装置や吸引機能などに工夫が凝らされていて、他のレーザーよりも痛みが少ないのが特徴。

そしてもうひとつの機器は、パレスクリニックが独自に開発したというパレスジェントルライト。
こちらはダイオードレーザーよりもさらに痛みが少なく、産毛や剛毛などの脱毛に適しています。

時間制なら自分の予算に合わせた細かい調整が可能。
クリニック脱毛に興味があるけど今まで施術をためらっていた人も、一度試してみてはいかがでしょうか?

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンで味わう挫折

脱毛サロン通い

脱毛サロン通いを挫折してしまう理由

ムダ毛の処理というのは面倒なもの。
また、自己処理を長年続けていると、どうしても肌を痛めたり、メラニン色素が増殖して色素沈着を起こす可能性が高くなります。

そのため、最近ではサロンで脱毛してもらう女性が多くなりました。

ただ張り切ってサロン通いをしても、途中で挫折してしまう人が少なくないようです。

その理由ですが、まず第一にあげられるのが「脱毛が完了するまでに余りに日数がかかりすぎる」ということ。

脱毛に関する知識がない人にとっては意外でしょうが、施術は2〜3回受けただけでは効果はありません。また、ほとんどのサロンでは6回を1セットとして契約しますが、正直いって、6回でもまだまだ効果を感じるまでにはいたらないでしょう。

しかも一度施術を受けると、次の施術まで最低でも1ヶ月は待たなければなりません。

「なんでそんなに間隔をおくの?」と思われるでしょうが、これには毛が生え変わるサイクル、いわゆる「毛周期」が関係しています。

それぞれの毛は、生え始めてから抜け落ちるまで「成長期→退行期→休止期」という3つの時期を経ます。

サロンでは「美容ライト脱毛(光脱毛)」という方法で脱毛を行うのですが、効果があるのは成長期の毛だけです。

同じ部位であっても、それぞれの毛の成長期の時期はバラバラなので、その部位を完全にツルツルにしようと思ったら、どうしても時間がかかるわけです。

挫折しないためには、日数がかかることをキッチリと理解し、根気よく施術を続けるしかありません。

なお少しでも日数を短くしたいなら、サロンをやめて医療クリニックでの施術を選ぶべきです。

クリニックでは照射威力の強いレーザーが使われており、永久脱毛も可能。
費用は高くなりますが、施術間隔も短く、サロンよりも早く効果が実感できます。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛剤について

手軽にキレイにしたい

おすすめの男性向け除毛クリーム

男性のムダ毛は、量が多かったり、毛質が硬めだったりして、カミソリや毛抜きだと処理にも時間がかかります。
手軽にキレイにしたいなら、除毛クリームを使うのがベストでしょう。

ただ最近は種類が増えたので、どれを選べばいいか迷ってしまいます。

そこで個人的におすすめのクリームを紹介してみることにしました。

最初の商品は「dot. 脱毛クリーム」。ブラウンのパッケージが印象的です。
脱毛クリームとは思えない外観なので、洗面所に置いておいても違和感がありません。

成分にも工夫をこらし、メンズ脱毛クリームの独特のニオイをできるだけ抑えて作られています。「脱毛クリームはニオイが苦手」という人でも、安心して使えます。

次に「フィーモ エピDX PLUS」。

男女兼用ですが、硬めの毛にも効果が高く、人気商品になっています。ポンプ式で使いやすいのもメリットのひとつ。肌に優しい尿素が配合されていて、使用後も肌の潤いをしっかりキープしてくれます。

また、ダイズエキス、チャエキスなど、天然由来の成分も豊富。ピリピリ感が少ないのも助かりますね。

最後に「ヴィート 敏感肌用脱毛クリーム」。

「除毛クリームといえばヴィート」といわれるくらい、この分野でよく知られたブランドです。大抵のドラッグストアに置かれているので、パッケージを見かけた人もいるでしょう。amazonでも700件を越えるカスタマーレビューが投稿されていて、人気のほどがうかがえます。

除毛クリームというのはどうしても肌に負担をかけますが、この商品は敏感肌用なので、ピリピリ感が少ないのが特徴。また、専用のヘラとスポンジがついていて、手を汚す必要がありません。

いかがでしょうか? 他にも様々な特徴を持つクリームがあるので、自分に合うものを探してみて下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

レーザー脱毛について

脱毛をしてもらう女性

脱毛サロンと医療クリニックの施術の違いとは?

脱毛をしてもらうなら、サロンと医療クリニックのどちらかを選ぶ必要がありますが、この2つは施術に使う機器が違います。

現在ほとんどのサロンが採用しているのがIPL脱毛法。

IPLというのは、intense pulsed lightを略したもので、有害な紫外線をカットした特殊な光。メラニン色素にだけ反応する特性を持っています。

ムダ毛を含んだ肌に照射すると、深部にある毛乳頭と皮脂腺開口部だけに反応し、熱エネルギーに変化。
その組織にダメージを与え、発毛を阻害してくれます。

一方、医療クリニックで採用しているのはレーザー脱毛法です。

レーザーにはアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど色々ありますが、いずれも脱毛の原理はIPLと同じ。毛根にあるメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーに変わることで組織を破壊。脱毛効果を得ます。

IPLとレーザーの違いというのは、波長とパルス幅。
その違いが照射威力の差を生んでいます。

パワーが大きいのはレーザーの方で、照射を続けることで毛根組織は完全に破壊され、いわゆる永久脱毛が可能になります。これは医療行為とみなされるため、医師免許を持っている人間しか施術はできません。

ただそれだけ肌へのダメージも大きく、痛みを感じることが多い、といわれています。

IPLの方ではパワーが弱いだけに肌への影響も少なく、痛みもレーザーよりは少なくてすみます。その代りに脱毛完了までの日数がどうしても長くなり、全身脱毛の場合は数年かかることも珍しくありません。

またIPLだと毛根は単に弱体化するだけなので、脱毛完了から数年経つとまたムダ毛が生えてしまうことになります。

もし永久脱毛を望んでいるなら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるようにしましょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の臓器への影響

自己処理の手間を省く

レーザー脱毛は内臓に影響するの?

自己処理の手間を省くために脱毛してもらう場合、脱毛サロンか医療クリニックに通うのが一般的。

どちらにしろ、施術にはメラニン色素に反応する特殊な光が使われます。

脱毛サロンで使用されるのはIPL(インテンスパルスライト)というライトが多く、医療クリニックでは、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどのレーザー光を使用。メラニン色素に反応させて毛乳頭や毛母細胞を損傷し、発毛を阻害します。

照射パワーの強い方はレーザーで、毛根組織が完全に破壊されることもあってムダ毛が再び生えてくる確率はかなり低くなります。

ただパワーが強力なだけあって、脱毛の初心者には次のような不安を覚える人もいるようです——

「レーザーを使って脱毛すると皮膚癌になりやすいのでは?」
「内臓に悪い影響があるのでは……」
「レーザーを照射しすぎるとシミができてしまうって本当?」

以上のようなことが真実なのか、日本医学脱毛協会に質問してみたところ、まず医療用のレーザーで皮膚癌が発生する可能性はありません。逆に皮膚癌の原因であるシミやほくろが消えてしまうこともあるそうです。

またレーザーに関しても、YAG以外のものはすべて波長が短い可視光線で、到達範囲は皮膚の表面に限られています。ですから、内臓に影響を及ぼすことはあり得ません。

確かにレーザーの照射威力は強く、時には肌に軽い炎症を起こしたり、赤み、むくみなどの症状が出ることもありますが、施術を行っているのは医師ですから、適切な処置をその場で受けることができます。

後遺症の心配もありませんので、効果的な脱毛をしたい人はクリニックで施術してもらうといいでしょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ