脱毛コラム

脱毛をドタキャンしたらどうなる?

予約をドタキャン

予約をドタキャンしたらどうなるの?

脱毛の施術を完了するには、数ヶ月から数年という日数がかかります。
その間には、仕事の遅れなどが原因で、予約時間にどうしても間に合わないこともあるでしょう。

この時気をつけたいのは、ドタキャンや遅刻をすると罰金やペナルティーが課されるサロンがある、ということ。

「自分が通っている店にはなかったような……」と思っている人もいるでしょうが、サロンでプランを決めて契約する時、遅刻・キャンセルに関する注意事項が契約書に載っていることが多いので、事前にチェックしておく方が無難です。

ちなみに以前、ある大手脱毛サロンに関して、

「遅刻したので連絡を取ろうとしたが、電話がつながらなかった」

という口コミが、ネットで書き込まれたことがありました。

「私も同じ体験をした」という人が多く、「キャンセル料を取るためにわざとやっているのでは?」「もともとサービスがイマイチだからそういうこともやりかねない」などと、散々そのサロンの悪口が書き込まれていました。

ただ最近では、ネットとスマホのおかげで「24時間いつでも予約キャンセル可能」という店が増えてきているので、そういうひどいことはなくなったようです。

なお、各サロンの公式サイトをチェックすると、遅刻やキャンセルへの対応は様々——。

例えば、ミュゼプラチナムでは当日にキャンセルをしても、キャンセル料や罰金は取られません。また、どのコースも回数保障制度を設けているので、契約期間内なら再び施術を受けることができます。

逆に脱毛ラボでは、当日キャンセルは基本的にNG。連絡を入れたとしても、自動的にキャンセル料1000円を取られます。

このように各サロンで大きく対応が違いますから、後であわてないようにぜひ契約書をチェックしてみて下さい。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

アンダーヘアを脱毛 

ハイジニーナ脱毛を行う女性

ハイジニーナ脱毛って何?

最近、日本でもハイジニーナ脱毛を行う女性が増えています。サロンでもそのことを宣伝して、顧客獲得を狙うところも多いようです。

「ハイジニーナ脱毛」といっても「何だかわからない」という人も多いでしょう。

一言でいえば、デリケートゾーンの脱毛のことです。ほんの数年前までは美容関係者だけが知っていた言葉ですが、海外のセレブ、あるいは日本のモデルさんたちが「ハイジニーナ脱毛をしている」「デリケートゾーンの脱毛は定期的にやっています」などと発言したことから、一般の女性にも普及するようになりました。

「ハイジニーナ」は、「hygiene」(「衛生」)から生まれた造語です。脱毛することによってデリケートゾーンを清潔な状態にする、という意味が込められています。

常に人目から隠されているデリケートゾーンは蒸れやすい部位で、衛生状態がよいとはいえません。アンダーヘアを処理すればその蒸れもマシになるため、清潔さがキープしやすくなります。

アンダーヘアといっても、処理する部位によって種類があり——

・Vライン(ビキニライン)
・Iライン(小陰唇や大陰唇の周辺)
・Oライン(肛門の周辺)

の3つに分けられています(ハイジニーナ脱毛の別名である「VIO脱毛」は、この3つの頭文字から取られたもの)。

現在、アンダーヘアの全部ではなく、一部だけを脱毛するのが一般的。
特にVラインの脱毛が人気です。

その施術に必要な日数ですが、脱毛専門のサロンだと2年から3年、クリニックの場合は1年くらい。

「清潔」というメリットのほかに、アンダーヘアの自己処理がいらなくなるため、タンガ、Tバックといった露出度の高い下着を気軽に身につけることができます。

最近では驚くほど費用も下がってきたので、さらに施術してもらう女性が増えるかもしれません。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛はアトピーの人でもできる?

脱毛の施術

アトピーでも脱毛の施術は受けられる?

女性のエチケットとして、ムダ毛処理は欠かせません。

カミソリで剃ったり、毛抜きやワックスで抜いたりして自分処理している人も多いでしょうが、しばらくするとまた生えてくるので面倒です。

また自己処理していると毛穴に負担がかかってブツブツができたり、色素沈着によって肌にくすみやシミが生じる心配があります。

そんな事態を防ぐためにも、サロンやクリニックで脱毛するのがおすすめ。

でも「脱毛したいけど、私はアトピー肌なのであきらめている」という人もいるでしょう。

あきらめるのは早すぎます。実はアトピー肌であっても、施術をしてくれるサロンやクリニックがいくつかあるのです。

まずサロンの方ですが——

・ミュゼプラチナム
・銀座カラー
・脱毛ラボ

などの店では、アトピー肌でも施術を受け付けてもらえます。

そしてクリニックの方は——

・湘南美容外科
・リゼクリニック
・フェミークリニック

などがレーザーでの脱毛を行ってくれます。

もちろん注意すべき点もあります。上記のサロンやクリニックではIPLやレーザーによる施術を行います。毛根部分が高熱になるため、炎症の度合いによっては症状が悪化する可能性もあります。

また、ステロイド系の薬を患部に塗っていると施術後に色素沈着などが起こる場合があります。そのために施術当日は薬をやめるよう、気をつけなければなりません。

では、施術を受けるなら、サロンとクリニックのどちらがいいのでしょう。

サロンの場合、施術を行うのは専門知識のある医師ではありません。アトピーについても素人なので、その症状について的確な判断を下すことは不可能です。

でも、クリニックなら医師が施術を担当しますから、レーザーを当てる前に症状を診てもらえます。

安心して施術をうけたいなら、ぜひクリニックを選ぶようにしましょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

埋没毛ができる原因と電動シェーバーと肌の保湿による埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
剃刀で無駄毛を剃る際に誤ったやり方で行うと、肌の表面を余計に傷つけるので埋没毛ができやすくなります。

なぜなら、肌の表面を傷つけることでかさぶたや角質が肌の表面を覆うので、毛が外側に出てこれなくなるからです。

そのため、肌が乾燥したまま剃刀で自己処理を施すと、肌の乾燥を進行させるだけでなく埋没毛を悪化させる原因に繋がります。

なので、剃刀で自己処理を施す場合は剃る前に肌を保湿して、肌が乾燥していない状態にするのが大切です。

そして、剃刀で剃った後も保湿することで、埋没毛の悪化を防ぎつつ肌のトラブルが起こるのを防ぐこともできます。

ちなみに、肌を保湿してから剃刀で剃ることは、力の入れ過ぎによって深剃りを防ぐことにも結びつきます。

電動シェーバーを使うのがお勧め

剃刀より無駄毛を処理しつつ埋没毛の悪化を防ぐなら、電動シェーバーを使うのがお勧めです。

電動シェーバーの刃は、肌に直接触れないので剃刀と違って深剃りする恐れが無くなります。

さらに、電動シェーバーは埋没毛の悪化を防ぐ以外にも、剃刀より無駄毛を処理することが可能となります。

けれども、電動シェーバーで埋没毛を処理する場合でも、剃刀での自己処理と同じように剃る前に肌を保湿することがポイントとなります。

それは、肌が乾燥したままで剃ると肌にダメージを蓄積させるからです。

また、電動シェーバーで無駄毛と埋没毛を処理した後は、肌を忘れずに保湿することで肌のトラブルが起こるのを予防できます。

そして、剃った後に保湿することは肌の乾燥を防ぐことに繋がるので、肌が余計に傷つくことが無くなります。

産後のムダ毛処理は脱毛クリームで問題ないのか

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後にムダ毛処理をする方法は、複数あります。カミソリやシェーバーなど、多彩な手段があるのは間違いありません。

ところで昨今では、薬店で非常に便利な製品が販売されています。脱毛用のクリームです。

そのタイプのクリームは、体毛を溶解してくれる性質があります。それを使っていると、体毛が自然と溶けてくれるので、大変便利だと評価される事も多いです。

しかも脱毛用のクリームによっては、肌に対する負担は小さいと宣伝されています。天然成分が使われているクリームも、珍しくありません。ですから産後のムダ毛処理の為に、クリームが検討される事もあります。

しかし、クリームは避ける方が無難です。安全な可能性はありますが、正直分からないからです。

出産後のムダ毛処理のデメリット

確かにクリームは、天然成分は使用されています。中には、安全度は大いに期待できるクリームもあるのです。

ですが、使用している本人が不安になってしまうデメリットが大きいです。確かに安全な可能性はありますが、産後というデリケートなタイミングで、リスクがあり得るクリームを使用するのは大変心配です。

そもそも心配な状態でムダ毛処理を行うのは、精神衛生上良くないでしょう。育児にも支障をきたしてしまう可能性があります。ですから脱毛用クリームというより、シェーバーなどの手段が推奨されます。

脱毛サロンスタッフの勧誘を上手に断る方法

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンは少しでも売り上げを伸ばしたい意向がありますので、積極的に勧誘することが少なくありません。ただ、その勧誘通りに脱毛をしていたら、多額の費用を払わなければいけなくなります。つまり、その気がないなら勧誘は断るべきです。しかし、スタッフもそう簡単に引き下がってはくれないかもしれません。では、勧誘されないような上手な断り方とは何か、それについて検討していきます。

脱毛サロンの勧誘を上手く断る

 まずその場で断る理由として良いのは、家族や恋人を持ち出した断り方です。特に実際に家族にお金を負担してもらっている場合はその断り方が効果的で、自分だけでは決めることができないと主張します。つまり、その場で即決しなくて良い口実を作るのです。また、本当に他の人と相談してから決めるという選択もあるわけで、その気持ちをスタッフにわかるように伝えることが大事です。自分だけの問題ではない、よく考えてから決めるつもりでいることをスタッフに伝えれば、強引な勧誘にストップをかけられます。

 さらに、脱毛しようと思っている部位をあらかじめ決めてきていることも、断り方として悪くないです。最初から決めていてそれ以外にするつもりがないことをスタッフにわかってもらえば、勧誘で深追いをしにくくなります。ですから、これらの断り方ならそれなりに上手く断れます。

なぜアンダーヘアの脱毛はワックスが良いか

アンダーゾーンはデリケート

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアに関する脱毛は、刺激の大きさには注意を要します。なぜなら、そのパーツが大変デリケートだからです。

アンダーヘアに対する自己処理を行った方々は、しばしばトラブルに遭遇しています。というのもその箇所は大変デリケートなので、一歩間違うと傷などが付いてしまうからです。

特に多いのが、カミソリに関するトラブルです。言うまでもなく、カミソリは鋭い刃がありますから、アンダーヘアー周辺を傷付けてしまう事はよくあります。たとえシェービング用のクリームを使ったとしても、肌が傷ついてしまう事はありますから、注意が必要です。そうかと言って脱毛サロンに行くのも、費用が気になる事はあるでしょう。サロンの場合は、施術の料金も少々高めだからです。

ワックスによる脱毛がおすすめ

基本的にアンダーヘアに対する自己処理は、カミソリ以外の手段が有効です。一番おすすめなのは、ワックスによる脱毛です。最近では、色々な薬店でも脱毛用の専用ワックスを販売していますが、あれでムダ毛の処理を行ってみる訳です。

少なくともワックスは、カミソリよりは刺激は小さいです。ですから肌トラブルなどが生じる確率も、基本的には低くなります。

ちなみに最初の内は、ワックスの痛みで驚いてしまう事もあります。ですがある程度処理を行っていると、慣れてしまう事も多いです。ですからアンダーヘアの処理は、ワックスが推奨されます。

脱毛するとワキガが改善される?

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
ワキの脱毛しますと一時的にですが汗が多く出ていると感じてしまい、汗の臭いでワキガになってしまったと悩む声もあります。

今まではムダ毛を通していたことから、洋服に汗が付いていないことやワキが蒸れやすいこともあり、自らワキの臭いを意識していました。

ワキの臭いを気にしがちで脱毛すれば悩みから解放されると思っていたら、逆にワキガで悩むようになったとガッカリしてしまいます。

しかし実際にワキガになってしまったのかというとそうでもなく、毛穴や毛穴周辺に汚れが溜まってしまい、汗によって雑菌が繁殖してしまったから臭いを感じるようになるのです。

ワキの毛がある状態は雑菌が繁殖しやすい

ワキの毛がある状態でしたら毛穴から汗が出てきますが、毛穴にはムダ毛が出ていてその周辺に汚れが溜まっていたことから、雑菌が繁殖しやすく臭いも感じることがありました。

ムダ毛があるから臭いが感じやすいと勘違いをしやすく、実際は毛穴に汚れが溜まっていたことから臭いも出ていたのです。

実際は脱毛をしても毛穴に汚れが溜まっていれば、汗によって独特の臭いは出てきますので、皮脂や垢が溜まっていましたらよく洗って取り除きましょう。

毛穴や毛穴周辺に汚れがなく清潔な状態ならば、遺伝性のワキガでなければ臭いを感じなくなりますので、脱毛後もし臭いを感じましたらその点を疑ってください。

それでもワキの臭いが気になるようでしたら、美容外科やクリニックなど専門の医師に相談し、両親や祖父母などがワキガになっていましたら、遺伝性によるものなので臭いの対策や治療するなりしてみましょう。