賢い医療脱毛クリニックの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昔は「施術が痛い」「しつこい勧誘がある」といった悪いイメージがまとわりついていた脱毛ですが、近年は脱毛技術の向上や国による規制強化によって様変わりしました。さらに施術料の値下げもあって、ちょっとしたブームと呼べるほど客層が広がっています。
タレントを起用したテレビコマーシャルや駅の広告などを見て、「自分も脱毛に挑戦したい」と考える人も少なくないでしょう。

脱毛すると決めたら、脱毛サロン、あるいは医療クリニックのどちらかと契約を交わし、数ヶ月(大掛かりなコースなら数年)そこに通い続けることになります。安価という点に釣られて、以前はサロンを選ぶ人が多かったのですが、最近は医療クリニックの良いところも知られるようになり、どちらに通うか迷う人もいるようです。

そこでこのサイトでは、脱毛未経験者のために、医療クリニックの情報を特集することにしました。
その施術に用いられる技術やメリット・デメリット、クリニックを選ぶ時のコツなどについて、色々と述べていきます。

医療クリニックではどんな脱毛がおこなわれている?

医療クリニック
上で記したように、ムダ毛を専門家の手で脱毛してもらうなら、サロンか医療クリニックのどちらかに出かける必要があります。特殊な専用マシンによって施術をおこなう点はどちらも同じなのですが、もちろん異なるところもずいぶんあります。

では、サロンとは違う医療クリニックの特徴とは、どういうところなのでしょうか?

1)レーザーの技術によって施術をおこなう

真っ先にあげたいのは、医療クリニックではレーザーを用いて施術をおこなう、という点です。

このレーザーによる脱毛テクノロジーは、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンが発見した「選択的光熱凝固理論」を応用したもので、古代オリエントから続く脱毛の歴史に大変革を起こしました。

以前の脱毛というのは「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれるものが主流で、細い金属針(プローブ)を用いていました。これは1875年、アメリカの眼科医だったチャールズ・E・ミッチェルが逆さまつ毛を処理するのに使ったのが始まりで、毛穴にプローブを刺し、微弱な電気を通すことで発毛を阻害します。

この方法は脱毛効果に関しては抜群なのですが、なにしろ毛穴ひとつひとつにプローブを差し込んでいくために時間と手間がかかり、施術料もそれだけ割高になってしまいます。
しかも痛みもひどいもので、施術される側も相当な忍耐を強いられます。

この状況を根本的に変えたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛はその名前の通り、レーザー光を照射してムダ毛を処理する脱毛方法です。レーザー光は単一の波長をもつ光子の集まり、つまり単色光です。普通の光のように広がらず、同じ方向を向いて射出されるために、高いエネルギーを持っています。

さらに重要な特徴は、ほかの物質に吸収され、高熱に変わる、という点。
レーザー光を赤、青、黒など特定の色素を持つ細胞に当てると、その色素だけに作用して破壊することが可能となります。

脱毛の施術においては、毛に含有される黒いメラニン色素にアプローチするよう、媒質や光学素子によって波長を700nm〜1000nmに調節します。ムダ毛に照射されたレーザー光線は、毛の中で熱エネルギーに変化。その温度は65度から70度に達します。

やがてその高熱が毛包全体に広がり、毛を作る組織である毛母細胞や毛乳頭を損傷し、毛の生成を阻害するのです。

この脱毛方法のずば抜けたメリットは、あくまでメラニン色素のみがターゲットとなり、表皮や他の組織にダメージを与えないという点。
おかげで施術はマシンを操作してレーザー光線を肌に照射すれば完了で、スピードの点でニードル脱毛とは段違いです。

最初に開発された時はレーザーの種類は少なかったのですが、今ではアレキサンドライト、YAG、ダイオードなど色々そろっており、波長の異なるレーザー光を毛の太さや脱毛部位に合わせて照射できます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはまだまだ誤解が多く、「一度施術してもらうと、その肌に生えたムダ毛はずっと生えてこない」と思っている人がいます。

しかし、発毛をつかさどる毛球部分は強い回復力があり、軽い損傷をこうむってもその機能はすぐによみがえります。レーザー光線を1度当てたくらいではダメージも大したことがなく、さらに毛には毛周期という毛の成長サイクルがあるため、それに合わせて施術を繰り返す必要があります。そうやって長期間かけて施術を続けるうちにムダ毛が薄くなり、そのパーツがツルツルになってきます。

医療クリニックと同様、サロンの施術でも毛根に働く光線を用いますが、その威力がかなり弱いために毛母細胞は死滅せず、一時的に衰えるだけです。そのため、数年くらいたつと発毛機能は再生し、毛が伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックではパワーの強いレーザー光線を照射するため、毛母細胞が復活する可能性は低くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)光線を照射できるのは医師だけ

上でも述べた通り、サロンで使われているマシンは光で毛根にアプローチするものではありますが、レーザー脱毛ではありません。レーザーとサロンの光線を比べると、威力の点で砲弾と銃弾ほどの違いがあります。「事故の可能性はほとんどない」とされているので、サロンでは施術するのに別に資格はいりません。

ところがレーザー脱毛の場合、体の細胞を完全に死滅させる威力を持っていますから、操作ミスがあると重篤なケガにつながりかねません。そのためマシンを操作するのは、いざという時に対処可能な医師に限られています。
もちろん、応急処置がすぐにできる設備もそろっているので、その点安心できます。

医療脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

・必ず医者が器械を操作するので、トラブルが生じてもすぐ対処できる
・効果がきわめて強く、毛深い体質の人でも完璧な脱毛ができる
・サロンよりも施術に通う回数が少なく、脱毛が完了するまでの日数も短い

難点

・リーズナブルでキャンペーンが多いサロンより、はるかに施術料が高い
・レーザーの照射時の痛みが強いため、施術が嫌になる
・レーザー光が強力すぎて、施術後に炎症や毛膿炎などが起こることがある

脱毛サロンと医療クリニックの差は?

違いについて
上でもほんの少し脱毛サロンとクリニックの違いを説明しましたが、ここでさらにいくつかの相違点を解説しておきます——

費用

昔から脱毛サロンは女性雑誌によく宣伝を載せていますが、そこにはお得なキャンペーンの内容と料金が目を引くように書かれています。これでお分かりの通り、施術料の安さがサロンのメリットのひとつです。

一方、医療脱毛クリニックの料金は、医療機関ということもあって滅多にディスカウントされません。
さらに上のセクションの「難点」で指摘したように、サロンよりも相当高くなっています。

ここで、脱毛完了までどれくらい料金がかかるのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的な数字を一覧で示してみましょう。

まず脱毛サロンから。全国展開をおこなっている有名サロン20社の公式サイトから、部位別の平均料金を計算してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・うなじ…19,000円

という金額になりました。

次に医療クリニックです。こちらはネットの検索で上位に出てくる20院の平均施術料を割り出しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・うなじ…57,250円

これで分かる通り、脱毛サロンよりも医療クリニックの方がずっと料金が割高になっています。特に顔脱毛はその差が極端で、クリニックの施術料はサロンの3倍以上です。

効果

上述したように、サロンと医療クリニックでは脱毛方法でも差があるため、効果にも違いが出ます。

現在、脱毛サロンでよく採用されている方式は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンで1番使われているもので、フラッシュ脱毛、あるいは光脱毛とも呼ばれます。1ショットにおける照射面積が広いため、脚、腕、背中などの部位が素早く処理できます。しかも光の出力は抑えてあるので、痛みも非常に軽微です。

他の方法もそれぞれメリット・デメリットがあるのですが、いずれにしてもサロンの施術では「減毛」「抑毛」しかできません。
確かに施術後は部位が無毛になりますが、その状態はせいぜい数年しか保てないのです。

一方、医療クリニックではレーザー光線を使って脱毛をおこないます。

レーザー光線には、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどがあり、それぞれ独自の波長を備えていますが、いずれもサロンのIPLとは比べ物にならない破壊力をもっています。

確実に部位をツルツルにしたいのなら、やはりクリニックでレーザーによる施術を受けるべきです。

保証

保証という点では、医療クリニックと脱毛サロンであまり差はない、と言っていいでしょう。

ツルツルになるまでずっと施術を続けられる「永久保証」、有効期限をある程度延長できる「期間保証」、中途解約時に前払い金の一部を返してくれる「返金保証」等は、クリニックでもサロンでも受けられます。

ただその条件や保証の種類に関しては、クリニックによって相当違いがありますから、事前に公式サイトで確認しておいて下さい。

その他

サロンとクリニックの違いを考えた時、案外見落とされるのが支店(支院)の数です。

「それが重要なポイントなの?」と思われるかもしれませんが、脱毛の施術は毛周期に合わせておこなうため、どうしても完了までに長い日数が必要です。つまり狭い部位でも数ヶ月、さらに全身脱毛のようなプランになると、数年間は施術に通わなければなりません。

そうなるとその期間に生活環境が変化する人もいます。引っ越し、転勤がその例ですが、引っ越し先に契約していたクリニックの支院がないため、前払い金が無駄になってしまう場合があります。

部分脱毛ならまだ費用も数万円にとどまりますが、全身脱毛のコースになると、前払金が20万を越えるケースがあるでしょう。引っ越しでそれが全くムダになるのは避けたいところです。

よく知られたサロンなどは全国の主要都市に数多くの店舗があり、引っ越し後も脱毛を継続できる可能性が高くなります。
ところがクリニックだと経営規模が小さいところが多いため、転居先に支院がないことがあります。

そんな事情を考慮すれば、仕事柄、引っ越し・転勤が多い人は、全国に支店を設けているサロンで脱毛した方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時、注意を払うべき点は?

注意を払うべき点

施術料がリーズナブルか?

クリニックで脱毛しよう、と決心した時、やはり1番心配なのはその費用です。

すでに見たように大抵の医療クリニックはサロンより料金が高いのですが、たとえばテレビコマーシャルでお馴染みの「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がかなりリーズナブルです。両脇に関しては、わずか1,000円で6回も施術を受けられます。

その他にも部位によって格安プランを設けているクリニックがあるので、ぜひサイトなどをチェックしてみて下さい。

施術の痛みへの対策は?

施術時の痛みは、レーザー脱毛の大きな欠点です。最近ではそれを解消しようと、新機種を使っているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では冷却しながら脱毛する「ジェントルレーズプロ」を導入しています。おまけに麻酔代も無料。痛みが嫌な人には最適でしょう。

支院はあるか?

全国に支院がどれほどあるか、というのも見逃せない要素です。

顧客が非常に多い、ということで信頼ができますし、予約も取りやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は全国展開をしており、転居しても同じ施術を受けられる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックについての様々な情報を詳しく解説してみました。いかがだったでしょうか。

料金が割高、ということで、クリニックはサロンよりも敷居が高いかもしれません。でも脱毛効果を重視したい人にとっては、クリニックのレーザー脱毛は魅力的です。

どうか上記の情報を参考に、自分に合ったクリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*