脱毛の施術って痛いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

変なイメージを持っている人

脱毛の施術って痛いの?

脱毛に対して「すごく痛い」というイメージを持っている人がまだまだいるようです。実際、美容関係のサイトでも「脱毛の施術は痛いんでしょうか?」という質問をしばしば見かけます。

おそらく、脱毛の施術が痛いというイメージがあるのは、20年以上前に主流だった「ニードル脱毛」という脱毛法のせいでしょう。

これはプローブと呼ばれる針を毛穴に突き刺し、そこに電気を流すことで毛乳頭や毛母細胞の組織を破壊するというもの。

注射嫌いの人なら想像するだけで顔をしかめるような方法ですが、実際に痛みが激しいといわれています。その上施術に時間がかかるため、現在は一部のクリニックでしか行なわれていません。

ただ、脱毛効果は抜群で、徹底的に脱毛したいという人にはいまだに人気があります。

おそらく、実際にプローブで施術してもらった人が「脱毛ってすごく痛い」と人に話すことによって、その噂が広がっていったのでしょう。

現在医療クリニックで主流となっているのは、レーザーを使った脱毛です。

肌に直接照射すると、ムダ毛の毛根部分に含まれるメラニン色素にレーザー光が反応。熱エネルギーに変わります。後はニードル脱毛と同じで、そのエネルギーが毛乳頭などに大きな損傷を与え、発毛を阻害します。

この方法はプローブを使うよりはマシですが、熱によって組織を破壊するため、やはり痛みは多少ともないます。

では痛みのない脱毛方法はないのかというと、実はあります。クリニックではなく、サロンでの施術になりますが、SHR(スーパーヘアリムーバル)式の脱毛機がおすすめ。

これなら脱毛効果は低いですが、施術中の痛みはほぼありません。痛みに弱い人でも安心して脱毛が可能です。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*