脱毛後に起こりがちな蕁麻疹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

起こりがちな肌トラブル

脱毛後に起こりがちな肌トラブルとは?

以前の針を使ったニードル脱毛ほどではありませんが、現在でも脱毛の施術というのはどうしても痛みがともないます。
それはなぜでしょうか?

ほとんどの脱毛サロンで採用されているIPL(インテンスパルスライト)脱毛、それに医療クリニックで用いられるアレキサンドライト、ダイオードなどのレーザー脱毛は、どちらも同じ原理で発毛を阻害します。

黒いメラニン色素にだけ反応する特殊な光を肌に照射。
毛根部分で熱エネルギーに変わることによって毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛が生えてくるのを防ぐわけです。

その時毛根は高熱に包まれますが、どうしても毛穴やその周辺の皮膚が軽微なやけど状態を呈してしまいます。痛みがあるのはそのためです。

またしばらく毛穴に熱がこもってしまうため、肌は保持していた水分を失って乾燥します。そうするとバリア機能が失われ、肌トラブルが多くなります。

よくあるのが肌の赤みが取れず、かゆみが生じるというもの。

この症状は普通1週間ほどで治まりますが、施術直後に風呂に入ったり、激しい運動で汗が流れたりすると毛穴に菌が入り込み、ジンマシンや毛嚢炎(もうのうえん)を発症することもあるので気をつける必要があります。施術後はくれぐれも肌のケアを怠らないことが肝心です。

最近では、毛根全体ではなくバルジという部位だけに損傷を与える「SHR脱毛」「ハイパースキンカレン脱毛」などの新しい脱毛機が登場し、以前よりも利用する人が多くなっています。これらの機器なら高熱が発生しないので、痛みはほとんどありません。

もし痛み、赤み、かゆみなどを避けたいのでしたら、IPLやレーザーによる脱毛はやめて、ハイパースキンカレン脱毛器やSHR脱毛器を備えているサロンを選ぶべきです。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*