顔脱毛に踏み切れない女性に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔は人間の体の中でその内面を如実に示す部位。精神が成熟することでその表情は豊かになります。

ただ絶えず外気にさらされていることもあって、その肌は傷つきがち。
しっかりとコスメなどでケアを続けないとシワやシミもできやすくなってきます。

ところがケアする時に厄介なのが、肌に生えている産毛です。

たとえば、鼻の下に伸びている産毛は一見するとヒゲのように見えることもあり、しっかりと自己処理する必要があります。

しかし、カミソリなどを使って処理を続けると、その刺激のせいで色素沈着を起こすことも少なくありません。
こうなるとかえって肌の見た目が悪くなり、悩みを深める結果に……。

また、産毛があると化粧のノリも悪化しがちで、美容に懸命な女性にとってはひたすら迷惑な存在と言えます。

そんな悩みを抱えた人の中には、思い切ってサロンで顔脱毛を受ける人もいます。

むかし、サロンの顔脱毛はキャンペーン対象外のことが多く、その料金も決して安価とはいえませんでした。
ところが最近はちょっとした脱毛ブームで、料金は気軽に利用できるレベルにまで値下がりしています。

ただし、初心者にとってサロンで施術を受けるというのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛に関する詳細な情報及び注意点、また「どのサロンがいいのか」について紹介してみることにしました。

以下の文章が産毛で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

脱毛の施術は今どうなっているのか?

詳しい紹介に入る前に、現在脱毛の施術はどのようにおこなわれているか、述べておきましょう。

かつては脱毛の施術というと、ムダ毛の毛根を特殊な電気針で破壊していく「ニードル脱毛」が一般的でした。

これは効果は抜群なのですが、結構な苦痛をともないます。
おかげで、「脱毛は痛い」という印象が世間に広まってしまいました。

いまではニードル脱毛は手間がかかることもあって廃れ、サロンでもクリニックでもレーザー系の光を使った施術が普及しています。

サロンで1番使われている方式は「IPL脱毛」。インテンスパルスライトという光を、肌に直接照射します。この光はメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変わるので、毛根に大きなダメージを与えてくれます。

このIPLは元々美肌ケア用にエステで用いられていたもの。ニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみの改善などに効果があるので、施術時に肌の状態も改善されていくわけです。

ただ最近は、新しい方式(SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法など)を採用するサロンも段々と増えています。
それぞれ施術の上での特色が違うので、なるべく自分に合った方式で脱毛するようにしましょう。

施術可能箇所はサロンによって違う

顔脱毛でサロンを選ぶ際に特に注意したいのは、店によって施術部位に違いがある、ということ。

サロン側のアンケートによれば、産毛処理の需要が特に高い箇所は、鼻の下、眉間、アゴということですが、これもサロンによって施術できるかできないかが違います。

例えば、有名店の場合でも——

ミュゼ……鼻下、顎

ディオーネ……額、鼻下、鼻、頬、顎、

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

というように、施術ができる部位に制限があります。

ということで、「顔脱毛もオーケー」などと宣伝されていても、希望部位が施術できるかどうかはチェックしないと分かりません。

せっかくサロンに行ったのに「そこはできません」と言われるとガッカリなので、なるべくネットなどで詳細を調べておきましょう。

顔脱毛の平均の料金はいくらなのか

顔脱毛をするためにサロンと契約するとなると、1番心配なのは料金でしょう。

有名サロン20社のデータから平均料金を求めたところ、「41,033円」という額になりました。

これを「高い」と思うか「安い」と思うかは、脱毛する女性の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンだけでなく、医療クリニックでも施術可能です。

こちらも平均価格を求めたところ「131,325円」という結果になりました。

つまり、医療クリニックだと、サロンの3倍以上の費用がかかるわけです。

10万円を超えるとなると「ちょっと高い」と感じる人が多いかも知れません。

ただクリニックでは、一生ムダ毛が生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンかクリニックか、迷う人もいるでしょう。料金と効果を慎重にハカリにかけ、自分にぴったりな方を選んで下さい。

初心者は「お試しコース」を選ぶべき

最近は脱毛人口が急増。
サロンでもライバル店が多くなってきたため、盛んにキャンペーンを実施しています。

その中には「お試し」を用意している店が少なくありません。初心者にはピッタリなので、最初はそれらのコースで脱毛してみましょう。

もちろん、はじめから正規プランを選んでも構いませんが、施術開始後に後悔しないとも限りません。やはり、まずはお試しから始めるべきです。

なお、手続きは直接サロンに連絡するよりもネット経由の方がお得です。
様々な特典があり、料金もぐっと安くなる場合もあります。

まず目星をつけたサロンのサイトをチェック。そして料金や条件などを見極めた上で手続きしましょう。

その後の手順ですが、まず手続き時に決めた日にサロンへ行きます。

この時、最初にカウンセリングを受けることになります。料金はタダなので安心して下さい。

その内容は、施術についての説明、料金プランの紹介など。いい機会ですので、

「脱毛が終わるまでの施術の回数は?」
「施術に使っている機器はどんなものか?」
「永久脱毛は可能なのか?」

などの疑問点を、積極的に聞いてもいいでしょう。

これで初日は終わり。後日予約を入れて施術してもらうことになります。

施術の際は——

・スタッフの態度は良好か?
・痛みがあるか?
・術後の肌のケアは?

などの点をチェックしましょう。

これで問題なければそのままプランの契約に移りますし、問題がある場合はそのまま終了。後者の場合は他のサロンのサイトをチェックし、また「お試し」を体験することになります。

最近はサロンもどんどん増えているので、自分にピッタリな店にいつか出会えるはずです。

「キレイモ」と「ジェイエステティック」がお得!

「顔脱毛をするならここ!」というサロンを2つ紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などの出ているテレビCMでおなじみです。

キレイモの顔脱毛の最大の特徴は、施術可能な部位が多いこと。
他のサロンだと部位がかなり制限されているので、満足できなかった女性がキレイモに改めて来店するようです。

続いてオススメしたいのが、「ジェイエステティック」。

ここでイチオシは「フェイス6」というプラン。1回の費用が2,500円というのですから驚きです。「なるべく安価で顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを使っているので、施術で乾燥しがちな肌をキッチリと保湿してくれます。

「顔脱毛に最適なサロンが見つからない……」という女性は、ぜひこの2つをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛についてベーシックな情報を紹介しました。

これ以降は、脱毛の疑問点や、施術で注意すべきポイントを紹介していきましょう。

歯の治療中は施術しない方がいい?

脱毛というのは毛周期の関係もあり、結構日数がかかります。サロン通いも数ヶ月から数年間に及ぶため、その間に虫歯などの治療を受ける人もいるでしょう。

顔脱毛の場合、光を顔に照射していくわけですから、つい「歯の治療が施術に何か影響を与えるのではないか」と気になります。

実際にサロンの方に聞いてみたところ、「通常の虫歯治療なら施術しても大丈夫」とのこと。

ただ問題となるのは、歯医者で処方された痛み止めについてです。

脱毛の施術では、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。これは、普通なら問題のない光の照射で、水ぶくれ、かゆみ、むくみなどが起こる過敏反応のこと。

実は、痛み止めにはこの症状を誘発する成分が含まれる場合があり、摂取すると施術ができなくなってしまいます。

トラブルを避けるためにも、痛み止めを飲んだ時はスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに光の照射で、虫歯の痛みも悪化することがあります。心配な人は口周りを避け、他の部位をまず処理してもらうようにしましょう。

また、歯列矯正を行っている人もいると思います。この場合、矯正器具で熱が発生するケースもあるので、施術は後回しにした方が無難です。

ただ器具がセラミックやプラスチックの場合は問題ありません。

このように色々な条件が考えられるので、必ずスタッフと相談しながら施術を受けて下さい。

ニキビがあっても脱毛は受けられる?

施術では毛根部分に高熱のダメージを与えるため、それが体調に影響することもあります。
体調悪化を避けるためにも、施術については色々な条件が課せられています。

例えば、肌の乾燥がひどいと施術は不可。また自己処理を怠ってムダ毛が長いままだと、そこの施術はできません。

このようにせっかく予約を取ったのに、条件を破っているために施術ができない、ということは少なからずあります。

では、ニキビがあると施術はできるのでしょうか?

チェックしてみると、ほとんどのサロンで施術は可能です。

というのも、前述したように脱毛で使われるIPL機器というのは、美肌ケア用のマシンを改造したもの。悪い影響を及ぼすこともなく、かえって美肌に導いてくれます。

IPLが脱毛できるのは、メラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変わり、毛根の組織に大きな損傷を与えるから。色素の薄いニキビやニキビ跡には光もほとんど反応せず、熱が発生することもありません。

ただ症状が重篤な場合、光によって炎症が進行する可能性があります。
そんなケースでは、ニキビを避けて施術がおこなわれます。

スムーズな施術のためにも、ニキビはしっかり治療しておきましょう。

施術していると、シミ、そばかすができる?

現在、サロンやクリニックで施術の中心となっているのは、IPLやレーザーなどの光を使った方法。

「肌に強い光を当てると、シミやそばかすができるのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かに陽光による日焼けは、肌トラブルの大きな原因です。サロンの光も大変強いものなので、紫外線と同じように肌のトラブルになるのでは、と勘違いしがちです。

しかし、何度も述べたようにサロンの脱毛機は、美肌効果のためにエステで使用されてきたもの。決して、肌に対して損傷を与えるものではありません。

「でも『顔脱毛の施術のせいで、そばかすやシミができた』っていう口コミをネットで見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

この現象には、2つの理由が考えられます。

まず、肌深く隠れていたシミがターンオーバーのせいで、表面にあらわれた、というもの。

施術のために新陳代謝が促進され、潜んでいたシミが表に出てくることは珍しくありません。

ただ、ほとんどはさらにターンオーバーが進むことで消滅してしまいます。

あと施術によって乾いた皮膚に傷がつき、それが痕になって残ってしまう場合。これをシミだと誤解してしまう人がいます。

こんな事態を避けるためには、施術後のケアが欠かせません。保湿に努めるようにしましょう。

いずれにせよ、脱毛が原因でシミや傷が生じるわけではありません。保湿ケアしていれば安心です。

サロンに出かける際は、すっぴんでいる必要がある?

脱毛初心者にとって疑問のひとつが、

「顔脱毛に行く時、すっぴんでなくても問題ないのか?」

という点——。

素顔でもへっちゃらな10代の学生ならともかく、いつもメイクをしている女性にとって、職場や自宅から店に行くまでずっと化粧なしでいるのは結構つらいことです。

結論を先に書いてしまうと、化粧をしてサロンに出かけても大丈夫です。

脱毛サロンには専用のブースがあり、そこで化粧を落とすことが可能。またサロンによっては、スタッフがメイク落としのサービスをしてくれるところもあります。

ただ、いくら化粧を落とせるからといっても、あまりにガッチリとメイクをしていくと、それをオフするだけで時間がかかります。

いつもよりもメイクは控えめにし、時間的に余裕を持って施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛の知識や、サロンの選び方などについて詳細に説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、自分にピッタリの店を見つけて下さい。
顔脱毛をしてもらうことで、肌の状態も改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*