満足できる家庭用脱毛器を選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

露出の多いファッションをする時に注意しなければならないのが、気がつかないうちに伸びているムダ毛です。
いくら艶艶しい美しい肌だとしても、ムダ毛をしっかりケアしていないと、その魅力は半減します。

最近は脱毛ブームなので、サロンや医療クリニックに出かける人も多いでしょうが、契約した上で定期的に通うというのは結構面倒なものです。

そんな場合に助けとなるのが家庭用脱毛器。サロンやクリニックの施術に近い効果が得られるということで、ムダ毛処理に悩んでいる女性をターゲットにたくさんの種類が売られています。

ただ決して安い買い物ではないですし、余りに機種が多すぎて「どれを選べばいいのか分からない」という人も多いでしょう。

そこで、家庭用脱毛器を購入しようと思っている人のために、そのメリット・デメリットや選び方を詳細に説明していこうと思います。

家庭用脱毛器とは、そもそもどういう商品?

家庭用脱毛器
ムダ毛の自己処理用のツールというのは様々なものがありますが、それらは2つに大別できます。カミソリ、電気カミソリ、クリームなど除毛を行うものと、毛抜き、脱毛テープ、ワックスなど、毛根部分からムダ毛を引き抜くものです。

この2つのうち、除毛タイプはあくまで肌表面に伸びてきた毛だけを処理するもので、「脱毛」とはいえません。そして引き抜くタイプは毛根から毛を処理するので「脱毛」といえば「脱毛」ですが、すぐに毛は伸びてきてしまいます。

数年から数十年(あるいは永久)に渡ってムダ毛が生えないようにするには、これまで脱毛サロンか医療クリニックで施術を受けるしかありませんでした。

そんな中で登場したのが家庭用脱毛器です。この商品は脱毛したい人にとっては画期的なものでした。

何しろサロンやクリニックの場合、脱毛完了までに数ヶ月〜数年に渡って通い続けなければなりません。途中でイヤになる人も多いですし、全身脱毛だと、その契約費&施術料などで10万円以上かかります。

それが家庭用脱毛器なら、それより安い値段でプロにやってもらうのと同じ脱毛効果があげられるのですから、あっという間に売れ筋商品となったのも当然と言えます。

ただ、そうはいっても格安のマシンでも2万円ほどの価格ですから、いざ購入ということになるとどうしても慎重になってしまいます。

以下に記す情報・知識をしっかりチェックして、自分の目的や予算に合った脱毛器を選ぶようにして下さい。

家庭用脱毛器の購入で留意すべき点は?

購入で留意すべき点
家庭用脱毛器は、機種によって効果の出る出ないがハッキリ分かれると言われています。
「見た目がよかったから」「値段が安かったから」といった理由で購入してしまうと、後悔するケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、そのコツを紹介してみます——

使い勝手がいいかどうか

ネットで家庭用脱毛器の悪い口コミをチェックすると、

「『脱毛効果が優れている』というので買ってみました。でも、持ち手の部分がすごく重くて、数分処理をしているだけで手がだるくなってしまいます」

「1回に照射できる面積が小さく、足などの処理には手間がかかります」

「びっくりするほど動作音が大きいので、夜中は近所迷惑を考えると使えません」

などの意見が目立ちます。これらのように「使用感が悪い」という理由で、せっかく数万円出して購入したのにいつの間にかスイッチを入れなくなった、という人もいるようです。

こんな悲しいことが起きないように、最大出力レベル・照射面積・連射機能などについては買う前にきっちりとチェックするようにしましょう。また、近隣に大型家電店があるなら買いたい機種を直接いじってみて、その重量などを調べた方が無難です。

コストパフォーマンスがいいかどうか

家庭用脱毛器の購入でよくあるのは、本体が安いというので喜んで買ったものの、付属品のランニングコストが予想以上に高く、結局は後悔してしまう、というパターン。

家庭用脱毛器は2万円台というリーズナブルな機種から、10万円以上の高級品まで様々なものがそろっていますが、使うたびに消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

買う前には、本体価格のほかに、カートリッジの交換頻度とその値段がいくらなのか、しっかりと調べておきましょう。

脱毛効果をしっかり把握する

脱毛サロンと医療クリニックでは、施術に用いられるマシンとその方式が違いますが、家庭用脱毛器でも商品によって違う方式が使われています。
現在のところメインになっているのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式といったところですが、それぞれ長所と短所を持っています。

処理したいパーツやどれだけの脱毛効果をあげたいのかは使う人によって違いますから、各方式のメリット・デメリットをチェックしておいた方がいいでしょう。

また、「VIOや顔のようなデリケートなパーツにも使えるか」「打ち漏れが起きやすいか」などの見落としがちな点も、なるべく確認しておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3つの要素は必ず心に留めておいてください。

家庭用脱毛器の良いところと悪いところ

良いところと悪いところ

家庭用脱毛器の良いところ

・自分の都合の良いタイミング・自分のペースでムダ毛を処理できる
・サロンや医療クリニックといった施術場所に通う必要がなく、費用も安く上がる
・乳首周りやVIOなど、人に見せたくない部位もしっかり脱毛できる
・自分の肌の様子に合わせて出力レベルを変えられるため、痛みが軽微ですむ

家庭用脱毛器の悪いところ

・家電としては値段が高い上、消耗品のカートリッジをずっと買い続ける必要がある
・海外の製品には肌への刺激が強いものがあり、トラブルを起こしやすい
・サロンや医療クリニックでの施術に比べると、短時間では効果が感じにくい
・背中、うなじ、お尻など、自分では見えにくい体の裏側の部位には使いづらい
・処理中に炎症、火傷といったトラブルが生じても、あくまで自己責任になってしまう

家庭用脱毛器で永久脱毛をおこなえる?

永久脱毛をおこなえる?
上述したように、家庭用脱毛器の脱毛方式はサロン、クリニックのマシンと同一です。ただ、家庭用脱毛器はトラブルが起きないように照射出力が抑えられているので、永久脱毛はできません。

なお、結構勘違いしている人が多いようですが、サロンでの施術は正確には「抑毛」にすぎません。毛根は破壊されていないので、ムダ毛は数年経つと生えてきます。

永久脱毛を望む人は、レーザー脱毛のできる医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器の方式について

方式について
家庭用脱毛器の脱毛方式には、以下のものがあります——

フラッシュ式

こちらはサロンのマシンと同じ。IPLと呼ばれるライトを照射し、発毛機能にダメージを与えて脱毛します。

この方式の使いやすいところは、照射口が広い点。つまりショット数が少なくても、照射できる範囲が広いために素早くムダ毛処理ができます。
おまけにカートリッジの消耗が抑えられますから、費用も節約できるわけです。

照射出力も比較的小さく、過度に肌が熱くなることもないため、痛みも軽くなります。

脱毛完了までの日数が多い点が短所ですが、それでも1年ほどで自己処理が不要になるほどムダ毛が薄くなります。

レーザー式

指、あるいは顔の一部といった狭い部位を処理したい場合、レーザー式がおすすめです。

原理的に医療クリニックの器械と同じ仕組みで、レーザーライトが肌を素通りしてムダ毛の黒いメラニンに反応。高熱が生じて毛根の発毛機能に損傷を与えます。

フラッシュ式と違って照射された光が一箇所に集中されるため、脱毛効果も抜群です。

そのため完了までの日数も短く、2週間に1回のペースで照射をおこなうと、3ヶ月ほどで効果があらわれてきます。

ただ背中、足のような広い部位にムダ毛が伸びている場合、1回ごとの照射には時間と手間が必要で、打ち漏れの可能性も高くなります。

また、デメリットとして見逃せないのが、「痛み」です。ネットでも「ビックリするほど痛かった」「照射の前はビクビクしてしまう」といった口コミが投稿されていて、痛みがイヤな人はかなり辛いかもしれません。特に肌が薄い部位(VIOなど)では、あまり出力を高くしないように注意すべきでしょう。

また、日焼け、シミ、ホクロといった濃い色の場所に光が当たると火傷を負うこともあるので、照射する箇所についてはくれぐれも気をつけて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は先端がピンセット状の端子で、そこにムダ毛を挟んで脱毛を行います。ライトを使わないので、フラッシュ式やレーザー式と違い、目の回りの脱毛もできます。

また、高周波の作用でムダ毛を抜くため、毛穴に刺激を与えずに処理ができます。ただ1本ずつの脱毛になるため、足などの広い部位には向いていません。

脱毛処理をなるべくスピーディにやりたいという人は、フラッシュ式を選ぶべきです。

なお、上で紹介した3つの方式とは種類が違うのですが「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても説明しておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線によりムダ毛を処理します。肌から伸びている部分を焼き切るだけで、毛根へはダメージを及ぼしません。つまり正確には「除毛」です。

ただ毛先を丸くできるので、カミソリによるチクチクが苦手な人は助かるでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ローラーヘッドを滑らせると肌のムダ毛が絡んでくるので、そのまま引き抜く、という方法を取っています。

方法自体は毛抜と同じですが、広範囲を一気に脱毛できるのがメリットです。もちろん肌や毛穴への負担は大きいので、おすすめはしません。

気になる家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格
家庭用脱毛器の価格は、どれくらいでしょうか?

公式サイトの情報をもとに、主な家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア…¥12,800

エピレタ…¥17,800

センスエピX…¥29,800

ラヴィ(lavie)…¥39,800

トリア…¥54,800

ローワン…¥54,800

フィリップス…¥66,880

2PSクリスタル…¥69,800

ケノン…¥69,800

ダブルエピ…¥81,000

レイボーテグランデ…¥108,000

こうして見てみると、下は2万以下から上は10万円以上まで、価格はバラバラです。

脱毛方法はほとんどのものがフラッシュ式ですが、トリアだけがレーザー式、そしてノーノーヘアのみがサーミコン式を採用しています。

上で説明したように、購入時にはカートリッジの値段を合わせて考える必要があります。本体価格とランニングコストがいくらぐらいになるか、自分でしっかりとチェックしておきましょう。
その数字を比較することで、本当の価格の差が初めて把握できます。

たとえば上の商品のうち、特に売れ行きの良い4つについて、そのランニングコストをまとめてみると——

・ケノン
ワンショットの値段…約0.15円
照射面積…9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの値段…約0.2円
照射面積…7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの値段…約0.06円
照射面積…1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの値段…約0.09円
照射面積…2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「ワンショットの違いなんて、ほんのわずかだ」と思う人がいるかもしれません。しかし脱毛器は、脱毛効果をあげるために2週間に1回は使用し続ける必要があります。つまり、1回なら少しの額でも、何回も使うことでそのコストは予想以上にかかってしまうのです。

また、意外とチェックする人が少ないのが「照射範囲」です。
1回の照射範囲が大きいとその分ショットの数は減少しますから、ランニングコストも少なくてすみます。

トリアはレーザー式なので、ライトを当てられるのは狭い範囲だけです。そのためフラッシュ式のケノンやラヴィと比べると、照射面積は半分以下になっています。

広いパーツのムダ毛を処理したい場合、各機種のワンショットの値段と照射面積がどれくらいか、よくチェックしておきましょう。その上でなるべくお得な機種を選んで下さい。

以上、家庭用脱毛器のメリット・デメリット、その選び方などについて詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその方式によって効果や用途が違ってきます。
また本体の値段ばかりでなく、カートリッジのランニングコストをしっかりチェックしておくことも大事です。

ぜひ自分の予算と目的に見合ったものを選び、ステキな脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*