レーザー脱毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛をしてもらう女性

脱毛サロンと医療クリニックの施術の違いとは?

脱毛をしてもらうなら、サロンと医療クリニックのどちらかを選ぶ必要がありますが、この2つは施術に使う機器が違います。

現在ほとんどのサロンが採用しているのがIPL脱毛法。

IPLというのは、intense pulsed lightを略したもので、有害な紫外線をカットした特殊な光。メラニン色素にだけ反応する特性を持っています。

ムダ毛を含んだ肌に照射すると、深部にある毛乳頭と皮脂腺開口部だけに反応し、熱エネルギーに変化。
その組織にダメージを与え、発毛を阻害してくれます。

一方、医療クリニックで採用しているのはレーザー脱毛法です。

レーザーにはアレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど色々ありますが、いずれも脱毛の原理はIPLと同じ。毛根にあるメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーに変わることで組織を破壊。脱毛効果を得ます。

IPLとレーザーの違いというのは、波長とパルス幅。
その違いが照射威力の差を生んでいます。

パワーが大きいのはレーザーの方で、照射を続けることで毛根組織は完全に破壊され、いわゆる永久脱毛が可能になります。これは医療行為とみなされるため、医師免許を持っている人間しか施術はできません。

ただそれだけ肌へのダメージも大きく、痛みを感じることが多い、といわれています。

IPLの方ではパワーが弱いだけに肌への影響も少なく、痛みもレーザーよりは少なくてすみます。その代りに脱毛完了までの日数がどうしても長くなり、全身脱毛の場合は数年かかることも珍しくありません。

またIPLだと毛根は単に弱体化するだけなので、脱毛完了から数年経つとまたムダ毛が生えてしまうことになります。

もし永久脱毛を望んでいるなら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるようにしましょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*