メンズ脱毛サロンを上手に選ぶ方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

欧米では、セクシーな男性のランキングに毛深いラテン系の俳優が選ばれることが少なくありません。
「いかにもスタミナがありそう」「胸毛が色っぽい」などと答える女性もいますが、日本では事情が別。体毛がいっぱい生えている男性は不潔な印象があり、モテるタイプとはみなされていません。

中には指の毛が伸びているだけで不快な顔を見せる女性もいて、「モテるためにはムダ毛を手入れしなければ」と男性が考えるのも当然かもしれません。

偶然、現在はちょっとした脱毛ブームです。男性の間で脱毛してもらう人が増えているのも、そんな流行の後押しがあるからでしょう。

ただ「一度トライしたい」という人は多いものの、「サロンとは無縁」という男性が普通です。勝手がわからず、二の足を踏んでいるケースも多くなっています。

そこでこのサイトでは、メンズ脱毛サロンに注目し、特集を組んでみることにしました。
脱毛技術、選び方のコツなどを紹介していきますので、脱毛にチャレンジしたい男性は、ぜひ参考にして下さい。

光脱毛とはどういうものか?

光脱毛とは?
脱毛と聞くと、現在でも「針のようなものを毛穴に挿入し、毛根に電気を流す」という施術シーンを思い浮かべる人がいるようです。

実はこういう想像は決して間違ってはいません。本当に20年ほど前、サロンやクリニックでは使い捨ての電極(プローブ)を毛根に入れ込むという方法で、脱毛をおこなっていたのです。

ここで脱毛について、少しだけ歴史を紐解いてみましょう。

文明の開始とともに脱毛は始まった

古代文明を築いた人間は、すぐに美しい肌への関心を持ち、脱毛行為をおこなうようになりました。文献の記述によれば、紀元前3000〜4000年頃の古代オリエントなどでは、硫黄、石灰などを原料とする脱毛剤を使っていたそうです。

そして紀元前1500年ごろになると、蓮の葉、カバの脂肪、油などを用いた脱毛剤がエジプトで作られ、あの世界三大美女のひとり・クレオパトラも薬を使ってムダ毛の手入れをしていました。

以後近代になるまで、脱毛は女性の美容術のひとつとしておこなわれていきますが、カミソリや毛抜のような器具か、その当時の流行の薬剤を使うだけで、目覚ましい方法の進化はありませんでした。

電気を活用した脱毛が始まる

しかし電気の威力に注目が集まった19世紀末、ようやく脱毛にも斬新なテクノロジーが取り入れられます。その始まりとなったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルが考案した「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスで眼科医をやっていたミッチェルは、逆さまつ毛の処理のためにプローブを使用し、毛根の水酸化ナトリウムの凝固化に取り組みます。これは幸い成功し、逆さまつ毛が二度と生えなくなったのです。

ミッチェルが1875年になってこの方法に関する論文を発表すると、同じやり方でムダ毛処理をおこなう医師が現れ、「電気分解脱毛法」はアメリカ全土に普及していきます。しかし、この方法は手作業で電極をひとつひとつの毛穴に挿入していくため、たいへん時間がかかりました。

それでも、成功すればずっと無毛状態が保てるためにこの方法は流行し、改良された器具が日本にも入ってきました。
そして「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)と呼ばれ、当時最もポピュラーな脱毛方法となったのです。

特別な光線を使った方法が登場

やがて、このニードル脱毛のデメリットを解消する方法が考案されます。それが光を利用した脱毛方法です。

この方法は、毛根に接触しないで脱毛する、という点が画期的でした。波長を調節された特殊な光線は、決まった色だけに反応する特性を持っています。これによって、ムダ毛の成分のひとつであるメラニンにその光線を吸収させます。すると光は熱エネルギーへと変わり、その熱で発毛機能が阻害されるのです。

この光線を用いた脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に大別できます。

そして脱毛サロンのほとんどで使われているのが、光脱毛です。

光脱毛にはどんなものがある?

ここで光脱毛について、もっと細かく説明しましょう。

光脱毛にはいくつかのライトが使われますが、ほとんどのライトは射出されると毛に含まれるメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の細胞には何も悪い影響を与えません)。

光線はこの吸収により熱エネルギーに変化。その熱が毛根にダメージを及ぼし、毛が産生されるのをストップするわけです。この熱の影響で毛も抜けていき、施術を長期に渡って継続することで部位全体がツルツルになります。

今のところ、光脱毛には以下の4種類があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴を簡単に述べましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで最もよく使用されている脱毛方法です(店によっては「フラッシュ脱毛」とも呼んでいます)。光線は毛を産生する毛乳頭とその周辺の組織に影響を与え、2、3ヶ月に1回というペースで照射しているうちに、効果が徐々にあらわれてきます。

欠点は少々痛みがあること。ただ輪ゴムなどでパチンと叩かれるような感じで、我慢できないような痛さではありません。

続いてSSC方式。この方式の特徴は射出されるライトにあります。IPL方式では光源にキセノンランプを用い、IPL(インテンスパルスライト)を射出します。それに対してSSC方式では、クリプトンライトという光を照射します。

インテンスパルスライトはそれだけで脱毛が可能ですが、クリプトンライトはそのままでは普通の光と同じです。

では、どんなふうに発毛器官に損傷を与えるのかというと、まず施術パーツに特殊なジェルを塗ります。

その上で光を当てると毛根がダメージを受け、毛の産生がストップするのです。

SSC方式の最大のメリットは、光の出力が多少抑えられていても問題ない、というところ。
ジェルとの併用によって脱毛するため、高熱でなくても大丈夫です。
したがってIPL方式に比べ、痛みがさらに軽くなります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。この2つは新発想によって生まれた脱毛方法です。両方とも毛根の一部であるバルジ領域を標的にするところが、これまでのものと違っています。

特にハイパースキン法は、メラニン色素と関係なく施術できるところが大きな利点です。光線の温度が体温とさほど変わりないため、まったく痛みを与えません。ですから、子供さんや痛みに敏感な人でも施術可能です。

医療脱毛とどこが違うのか?

どこが違うのか?
これまで、脱毛方法の歴史と光脱毛について説明しました。説明の通り、現在ではほとんどのサロンで光線を用いた施術がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックでは「レーザー脱毛」という方法が使われています。これは光脱毛とどんなところが違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、文字通りレーザー光線を射出する脱毛方法です。元来レーザー光線は、波長にしたがってひとつの色に反応する性質を持っています。つまり、青、黒、赤などの色のついた細胞があると、ピンポイント的にその色のところだけ損傷できるわけです。医療現場でも、レーザーを応用した手術が盛んにおこなわれています。

では、光脱毛とレーザー脱毛の相違点はどこか、というと、発毛組織を損傷するパワーにあります。

サロンの光より波長が長いレーザー光は、肌の中に隠れた毛根部分に確実に到達します。そのため毛乳頭などの器官は完璧に死滅する場合が多く、脱毛効果が死ぬまで継続する確率が高くなります。

それだけレーザーのパワーは抜群で、医師免許を持つ人間でないとマシンを操作できません。

ただレーザーは照射時の痛みが激しく、肌の繊細な人は炎症が生じる可能性もあります。

光脱毛のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

第一にあげられる光脱毛のメリットは、何と言っても施術コストが安上がりなこと。

クリニックと比較すると、部位によっては1回の費用が2分の1以下ですむ場合もあります。

また、光脱毛をおこなうスタッフには特別な資格は不要です。すでに述べたように医療レーザー脱毛の場合は医師でないと脱毛できませんが、サロンならどんなスタッフでも施術が可能。つまり、より多くの客に対応できるので、医療クリニックのように「契約したものの、最初の施術日が数ヶ月も先」というような厄介な事態が避けられます。

次のメリットは、肌へかける負担が少なく、照射時の痛みが軽いこと。そのため、痛みに弱い人、肌の繊細な人にはピッタリです。

レーザー脱毛は、レーザーのパワーが強いので痛みも激しくなります。そのため、人によっては笑気麻酔などの麻酔を使うこともありますが、光脱毛ではそんな苦労はいりません。

麻酔を使うと追加料金を請求するクリニックが多いので、その点でも安心できます。

そして最後のメリットですが、光脱毛には多種多様なコースとプランがあるため、自分の望むような施術内容にできます。

部分脱毛と全身脱毛のチョイスはもちろんのこと、店舗によっては肌をケアするエステコースをオプションにしているところもあります。

デメリット

光脱毛は「脱毛」と言っても、実際のところは「抑毛」「減毛」と呼ぶ方がふさわしく、施術を終えても部位は死ぬまでツルツルのまま、というわけにはいきません。

ただ、ムダ毛が再び伸びるにしても、本数が減少したり細くなったり、発毛の勢いが抑えられたりするので、施術がムダになるわけではありません。

また光脱毛では、施術完了までの時間がレーザー脱毛よりも長くなります。

光脱毛は1度施術しただけでは、効果はそれほどありません。繰り返し施術した結果ようやく効果が実感でき、プランによってはその時間がレーザー脱毛の数倍もかかります。

完了までの日数が延びると、レーザー脱毛よりも料金が高くなることもあるため注意が必要です。

そしてもうひとつのデメリットに、色の薄い毛や産毛は施術しにくい、ということが挙げられます。

これらの毛はメラニンが少なく、光を吸収しにくくなっています。
そのため、結果に満足できないことが多く、他の脱毛方法で追加施術をする必要があります。

サロンを選ぶ時、どういう点に注意する?

どういう点に注意する?

料金システムに気をつける

サロンは色々なシステムの店があるだけに、料金体系もそれぞれ違います。ただ大まかに分けると、「月額制」と「ローン」の2つになります。

出費を節約したい場合は「月額&定額制」を選びがちですが、施術が長びくとかえって総額が高くなることもあります。

また「月額制、回数無制限」だとお得な印象があります。しかし、回数次第でその価値は違ってきますし、「1回あたりの時間」も確認すべきポイントです。

たとえば施術が1週間に1回のペースで、1回あたり10分だと仮定すると、「1ヶ月あたり40分」が施術の合計時間となります。40分でどれくらいの面積を施術できるかによって、費用がリーズナブルかどうか、判断がつきます。

また、有名サロンは予約が取りにくいため、予定通りに通えないケースが多いようです。

行き始めてから後悔しないためにも、契約前に情報をチェックしておきましょう。

希望部位の料金を調べる

サロンで「〇〇を脱毛すると、いくらですか?」と訊くと、「普通は〇円です」とスタッフが答えてくれると思います。ただ女性客の割合が多いサロンだと、その返答には注意が必要です。

というのも、男性は女性よりも毛が太いうえに量も多いので、普通よりも料金がかさむことになりがちです。

丁寧に毛の量と質を調べて、見積もりをしっかり出してくれる店舗もあるかもしれませんが、女性より高額の確率が高い、ということを忘れないでください。

「追加料金」を取られる?

ローンや月額制での料金のほかに、追加料金を取られる機会があるのかどうか、しっかりチェックしておきましょう。

例えばサロンだと、オリジナルケア商品を使うように推奨されることがあります。その料金が別途必要なのかどうか、把握しておくことが大切です。

延長する際のコストはどうなっているか?

契約分の施術は終わったものの、結果に納得できない人は、追加で施術してもらえます。

その際、「契約は○円で、追加施術の場合は○円」と料金が最初から決められているサロンがあります。追加があまりに高いと困りますから、事前に聞いておいた方が無難でしょう。

以上、脱毛したい男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を細かく紹介してみました。

現在、脱毛は非常に身近なものになっています。サロンの数も多く、新しい顧客を呼び込もうと懸命です。
キャンペーンもよく実施されているので、公式サイトなどをチェックし、お得に施術してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*