今女性の間で人気のVIO脱毛ってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は暑さや寒さを問わず肌を露出する女性が多く、スラリと伸びた健康な四肢で男性の視線を惹きつけています。

ただ肌を見せびらかす際に気をつける必要があるのが、そこに伸びているムダ毛です。

いくらシルエットがほっそりとしてキレイだとしても、皮膚に細かい毛が生えていてはその魅力も半減。
惹かれてきた男性もガッカリしかねません。

毛深い女性にとって強い味方となるのが、プロが脱毛してくれるサロンやクリニック。雑誌の広告やテレビのCMなどで、それらの名前を毎日と言っていいほど見かけます。

実はこれほど脱毛が一般的になったのは近年のこと。以前は針を毛穴に突き刺す面倒な方法を取っていたこともあって、その料金も高額でした。
しかも痛みが激しく、あくまで一部の女性がその施術を受けるもの、という印象があったのです。

しかし最近では痛みが軽くて効率も良い脱毛マシンが発明され、脱毛する人も一気に増加。脱毛未経験者を呼び込もうと、値引きキャンペーンも盛んにされています。

また、脱毛可能なパーツも増えました。以前はワキや足といった部位がほとんどだったのですが、いまでは腕、顔、そしてVIOという特殊な部分が大変ポピュラーな施術部位となっています。

これを聞いて「え、VIOって一体どこのこと?」と驚く人もいるでしょう。
脱毛人口が拡大したと言っても、まだまだサロンなどとは無縁な女性も少なくありません。

そこでこのページでは、VIO脱毛に関する初心者向けの情報を紹介し、あわせてサロンやクリニックで導入されている脱毛方法についても解説してみることにしました。

「VIO」って一体どういう部位?

「VIO」というとコンピューターか何かの用語と勘違いする人がいるかもしれませんが、そうではありません。実は女性の陰部からお尻の辺り、デリケートゾーンとも呼ばれる部分のことです。

V、I、Oそれぞれについて解説すると——

Vライン……いわゆるビキニライン。股のデルタ地帯のこと。
Iライン……女性器の両脇の細長い部分のこと。
Oライン……肛門を中心とした半径2センチくらいの丸い部分。ヒップ奥とも呼ばれる。

となります。

つまり、それぞれのラインと形が似ているアルファベットを当てはめて呼称としたわけで、別に略語というわけではありません。

ということで「VIO脱毛」となると、アンダーヘアの脱毛を指します。

「VIO脱毛」とはいいますが、実は3ヶ所別々に脱毛可能です。

そして全部を一気にツルツルにする脱毛には「ハイジニーナ」という別称がついています。

宣伝で「ハイジニーナ脱毛」をうたっているサロンやクリニックがありますが、これは実質的にはVIO脱毛と同じです。

「ハイジニーナ脱毛」として日本に紹介された時、VIO脱毛というのは海外のセレブがおこなう風変わりな美容法というイメージがありました。

しかし今では日本のサロンやクリニックでもすっかり人気プランとなっています(実際、「施術したい部位」のアンケートでは、VIOはワキに続いて第2位となっています)。

VIO脱毛のメリットとは?

VIO脱毛をするともちろん大事な部分がツルツルになりますが、メリットはそんな美容効果だけにとどまりません。以下のようなものが挙げられます。

1.デリケートゾーンを清潔にできる

女性の性器というのは肉が重なって複雑です。
さらに他の部位よりも太い毛が密集しているため、どうしてもムレやすくなっています。

そのせいで薄い下着をつけていても雑菌が発生しがち。そうなるとニオイやかゆみがひどくなります。

とりわけ厄介なのは女性器の両脇のIラインです。
生理時に経血や分泌物が付いてしまい、念入りに洗っておかないと清潔にはなりません。

ただ仕事や家事で多忙だと1日に何度も洗浄するのは大変です。どうしても非衛生的な状態に陥ってしまいます。

そんな状況もVIO脱毛によって解消されます。
無毛状態になると雑菌が繁殖しにくいので、生理中でもデリケートゾーンが衛生的になるでしょう。

2.肌に負担をかける自己処理が不要となる

男女を問わず、股間というのは太くて濃いヘアーが生えているのに肌自体は他の部位より薄く、自分で毛を抜いたり剃ったりするのがやりにくいパーツです。
また性器の付近ということで、カミソリなどの扱いが悪いと、うっかり傷をつける危険性もあります。

また、自己処理も美容的に推奨できる行為ではありません。カミソリなどを使っていると、肌の状態を悪くします。やがてダメージが重なっていき、治りにくい埋没毛を引き起こすことになりかねません。

それに毛穴の傷に菌が入ると、毛嚢炎になる可能性もあります。

脱毛すればこういったトラブルのリスクも減り、肌が綺麗になります。

3.大胆な水着や下着を身につけられる

大胆できわどい下着や水着を楽しみたいと思ったら、必ず股間のヘアを処理しないといけません。

でも自己処理を続けていると肌トラブルが起こりがち。せっかく毛のないツルツルの状態にしたのに、肌に黒ずみが生じては処理した意味がなくなります。

プロの手でムダ毛を処理すれば、自己処理がいらなくなって美しい肌へと導かれることに。

そうすれば肌の状態を気にすることもなく、大胆な下着を身につけて彼氏とのデートに出かけられます。

Vラインのデザインの種類

Vラインは、VIOに限らず、他の部位と比べても人気のあるパーツ。「脱毛したい部位」のアンケートでは必ずと言っていいほど上位にランクされます。

Vライン脱毛では、完全なツルツルにする女性は少ないようです。やはり自然さが大切なのか、一部だけ残す方が大部分となっています。

その時「残った毛をどんなデザインにするか」が問題になります。

サロンやクリニックでは、以下のようにいくつかの定番デザインがあります——

・逆三角形

選ぶ人が最も多いデザイン。非常にナチュラルなので、脱毛したことを気づかれにくくなっています。

・オーバル型

オーバルは英語で「楕円」という意味です。角が丸まっていて、どことなく女性らしい印象を与えます。

・Iライン型

帯のような形にヘアを脱毛します。大胆できわどい水着や下着を楽しみたい女性にはもってこい。また「足が長く見える」というメリットもあります。

・Uライン型

「逆三角形」の変形パターンで、角が丸まっています。やはりナチュラルに見えるので人気。

・スクエア型

「Iラインはちょっと大胆すぎて……」という女性がよくチョイスするようです。ただやはりナチュラルなデザインとは言いにくいので、好き嫌いが分かれるでしょう。

ちなみに医療クリニックでVライン脱毛する人は、熟考した上でデザインを選んで下さい。

クリニックは永久脱毛です。つまり、一旦脱毛するとVラインの形は半永久的にそのままです。
いい加減に決めると後で悔やみかねないので、自分に合ったものを選びましょう。

Oライン脱毛にはどんなメリットが?

VIOのなかでも、Vライン、Iラインの2つは特別ポピュラーです。大胆な水着や下着を楽しみたいなら、どうしてもこれらのラインを脱毛する必要があるからでしょう。

ところがどういうわけかOラインは人気がなく、ランキングに選ばれることもめったにありません。

でもOラインを脱毛すれば、ムレやニオイといったものが改善され、衛生的に大変清潔になります。

また、エッチする時も場合によってはOラインが相手の視界に入ることもあるので、脱毛しておけば安心できます。

施術では、備え付けの紙パンツにはき替えます。
それをスタッフがちょっとずつずらしながら脱毛していくわけです。

体勢は、「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」のどちらかになります。恥ずかしさがマシなのは前者なので、スタッフに「うつ伏せ」とリクエストするといいでしょう。

最初は慣れないでしょうが、施術を続けるうちに恥ずかしさも消えます。

施術は10〜15分ほどしかかからないので、ぜひOライン脱毛にチャレンジしてみて下さい。

サロンとクリニックはどんなところが違うの?

VIO脱毛するとなったら、サロン、あるいは医療クリニックに出かけることになります。

この2つの違いは主に施術方式にあります。

ほとんどの脱毛サロンが施術に使っているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」(intense pulsed light)は、紫外線をカットしたレーザー系の光線です。

ムダ毛の生えた肌に照射すると、黒いメラニン色素に反応。毛根部位の毛乳頭、皮脂腺開口部などを高熱で包み込み、大きな損傷を与えます。そのことでムダ毛の成長を防止するわけです。

一方、医療クリニックで使用されているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にも様々な種類がありますが(ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなど)、いずれもIPLと同じように毛のメラニン色素に反応。熱エネルギーによって発毛組織を破壊し、毛の成長機能を損ないます。

IPLとレーザー光はパルス幅と波長に相違があるのですが、照射のパワーがより強いのは後者です。照射を数度おこなうだけで全部の毛根は死滅し、ツルツルの状態が数年、長い場合は一生持続します。
この「永久脱毛」は医療行為とされているので、施術は医師免許のある特別なスタッフしかおこなえません。

レーザー光の効果は強烈なものですが、その分「痛みが激しい」のがデメリット……。

一方、IPLは威力が抑制されているだけに、痛みもそれほどではありません。ただ施術日数と照射回数がクリニックよりもはるかに多くなってしまいます。

またIPLだと発毛機能は一時的に衰えるだけなので、脱毛完了から数年経つと毛が再び生えることが多いとされています。

「多少の痛みなら大丈夫」という人なら、レーザー脱毛のためにクリニックに行く方が脱毛効果が長持ちしていいでしょう。

VIO脱毛の料金はおいくら?

VIO脱毛を受けるのはいいのですが、心配になってしまうのはその料金でしょう。

実は「脱毛」といってもやり方には色々あります。

たとえば、サロンと契約してフラッシュ脱毛を受けるのか、医療クリニックに通ってレーザー脱毛をするのか。毛が少なくなる減毛でいいのか、全くのツルツルにしたいのか。高くても脱毛完了までの期間を少なくしたいのか、あるいはどこまでも格安な料金にこだわるのか……。

それらの条件次第で、費用にも少なからぬ違いが出てきます。

ここではいくつかのケースに限定して料金を紹介してみます(なお、以下の値段は「VIOをまとめて脱毛するプラン」のものです。VIOをバラバラに脱毛する場合は費用も違います)。

まず、サロンで脱毛する場合、有名店の料金設定は次のようになっています——

減毛程度でいい

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回。1回=9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回。1回=13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回。1回=8,640円]

完全に無毛にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回。1回=9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回。1回=9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回。1回=9,180円]

続いてクリニックで脱毛する場合、有名医院の料金は次の通り——

減毛程度でいい

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回。1回=10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回。1回=12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回。1回=19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回。1回=18,540円]

完全に無毛にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回。1回=9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回。1回=11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックには8&9回のプランなし)

こうして一覧にすると、サロンは回数が多い上に高額で、医療クリニックの方が安くなっています。特に湘南美容外科が最もリーズナブル。

VIO脱毛をしてもらうなら、料金の点で湘南美容外科が第一候補となるでしょう。

以上VIO脱毛に関して、初心者向けの基本的な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「デリケートゾーンをカミソリや毛抜きで処理している」という女性がいたら、脱毛することをオススメします。上で書いたように自己処理は肌へ負担をかけ、肌トラブルの元凶となります。

脱毛することで、清潔で美しいデリケートゾーンを保ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*