埋没毛ができる原因と電動シェーバーと肌の保湿による埋没毛の処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
剃刀で無駄毛を剃る際に誤ったやり方で行うと、肌の表面を余計に傷つけるので埋没毛ができやすくなります。

なぜなら、肌の表面を傷つけることでかさぶたや角質が肌の表面を覆うので、毛が外側に出てこれなくなるからです。

そのため、肌が乾燥したまま剃刀で自己処理を施すと、肌の乾燥を進行させるだけでなく埋没毛を悪化させる原因に繋がります。

なので、剃刀で自己処理を施す場合は剃る前に肌を保湿して、肌が乾燥していない状態にするのが大切です。

そして、剃刀で剃った後も保湿することで、埋没毛の悪化を防ぎつつ肌のトラブルが起こるのを防ぐこともできます。

ちなみに、肌を保湿してから剃刀で剃ることは、力の入れ過ぎによって深剃りを防ぐことにも結びつきます。

電動シェーバーを使うのがお勧め

剃刀より無駄毛を処理しつつ埋没毛の悪化を防ぐなら、電動シェーバーを使うのがお勧めです。

電動シェーバーの刃は、肌に直接触れないので剃刀と違って深剃りする恐れが無くなります。

さらに、電動シェーバーは埋没毛の悪化を防ぐ以外にも、剃刀より無駄毛を処理することが可能となります。

けれども、電動シェーバーで埋没毛を処理する場合でも、剃刀での自己処理と同じように剃る前に肌を保湿することがポイントとなります。

それは、肌が乾燥したままで剃ると肌にダメージを蓄積させるからです。

また、電動シェーバーで無駄毛と埋没毛を処理した後は、肌を忘れずに保湿することで肌のトラブルが起こるのを予防できます。

そして、剃った後に保湿することは肌の乾燥を防ぐことに繋がるので、肌が余計に傷つくことが無くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*