脱毛の臓器への影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自己処理の手間を省く

レーザー脱毛は内臓に影響するの?

自己処理の手間を省くために脱毛してもらう場合、脱毛サロンか医療クリニックに通うのが一般的。

どちらにしろ、施術にはメラニン色素に反応する特殊な光が使われます。

脱毛サロンで使用されるのはIPL(インテンスパルスライト)というライトが多く、医療クリニックでは、ダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどのレーザー光を使用。メラニン色素に反応させて毛乳頭や毛母細胞を損傷し、発毛を阻害します。

照射パワーの強い方はレーザーで、毛根組織が完全に破壊されることもあってムダ毛が再び生えてくる確率はかなり低くなります。

ただパワーが強力なだけあって、脱毛の初心者には次のような不安を覚える人もいるようです——

「レーザーを使って脱毛すると皮膚癌になりやすいのでは?」
「内臓に悪い影響があるのでは……」
「レーザーを照射しすぎるとシミができてしまうって本当?」

以上のようなことが真実なのか、日本医学脱毛協会に質問してみたところ、まず医療用のレーザーで皮膚癌が発生する可能性はありません。逆に皮膚癌の原因であるシミやほくろが消えてしまうこともあるそうです。

またレーザーに関しても、YAG以外のものはすべて波長が短い可視光線で、到達範囲は皮膚の表面に限られています。ですから、内臓に影響を及ぼすことはあり得ません。

確かにレーザーの照射威力は強く、時には肌に軽い炎症を起こしたり、赤み、むくみなどの症状が出ることもありますが、施術を行っているのは医師ですから、適切な処置をその場で受けることができます。

後遺症の心配もありませんので、効果的な脱毛をしたい人はクリニックで施術してもらうといいでしょう。

北九州の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*